無量義経 徳行品第一 

2019.5.30

 庭野日敬さんの「法華経の新しい解釈」は、法華経の開経としての無量義経の解説から始まっています。

私も、今、法華経の原文、真読、訓読(現代語読み下し)の対比を進めていますが、

とても時間がかかることは明白で、何年かかるかわかりませんので、

無量義経について、先行して行う事にしました。

 本作業は、インターネット上の情報も参考にしながら進めています。

無量義経については、特に、次の2つのサイトを参考にしています。

 蓮の道 Lotus way 無量義経      作者 Zero

      https://blogs.yahoo.co.jp/jojon_folk/13613471.html

 魔法の i らんど 対訳 無量義経    作者 Kato Yasunari

      https://s.maho.jp/book/967e2ee831bfb6f7/5685774002/

   

無量義経。徳行品。第一。

如是我聞。(にょ ぜ が もん)  かくの如く我は聞いた。

一時佛住。王舍城。耆闍崛山中。(いち じ ぶつ じゅう。おう しゃ じょう。ぎ しゃ く せん ちゅう)
いちじ、仏は、住み|王舎城の耆闍崛山(ぎじゃくっせん)中に|、

与大比丘衆。萬二千人倶。(よ だい び く しゅう。まん に せん にん く)
大勢の比丘の衆、一万二千人と、一緒なり。

菩薩摩訶薩八萬人。(ぼ さつ ま か さつ はち まん にん) 菩薩摩訶薩は、八万人あり。

天。龍。夜叉。乾闥婆。阿修羅。迦樓羅。緊那羅。摩羅伽。
(てん。りゅう。や しゃ。けん だっ ぱ。あ しゅ  ら。か る ら。きん な ら。ま ご ら が)
天、竜、夜叉、乾闥婆、阿修羅、迦楼羅、緊那羅、摩羅伽や

諸比丘。比丘尼。及優婆塞。優婆夷倶。(しょ び く。び く に。ぎゅう う ば そく。う ば い く)
諸々の比丘、比丘尼、及び、優婆塞、優婆夷が、一緒なり。

大転輪王。小転輪王。 (だい てん りん おう。しょう てん りん おう)

金輪。銀輪。諸輪之王。 (こん りん。ごん りん。しょ りん し おう)

国王。王子。国臣。国民。国士。国女。国大長者。 (こく おう。おう じ。こく じん。こく みん。こく し。こく じょ。こくだいちょうじや)

各与眷属。百千萬数。(かく よ けん ぞく。ひゃく せん まん すう)
各々は、眷属と、百千萬数あり

而自囲遶。来詣佛所。頭面礼足。遶百千匝。(に じ う にょう。らい げい ぶつ しょ。ず めん らい そく。にょう ひゃく せん そう)
しかして自ら囲遶し、佛所に来詣し、頭面礼足し、百千遍めぐり

説明 囲遶 は、聖なるものを囲んで、右回りに廻ること

説明 頭面礼足は、頭や顔を尊者の足につけて礼拝することで、文法はよくわかりません。

焼香散華。種種供養巳。退一面坐。(しょう こう さん げ。しゅ じゅ く よう い。たい いち めん ざ)
焼香し、散華し、種々の供養を終えて、退いて、一面に坐した。

説明 退一面坐 は、法華経では、退坐一面 となっています。

其菩薩名曰。 (ご ぼ さつ みょう わつ) その菩薩の名は、いわく、

文殊師利法王子。 (もん じゅ し り ほう おう じ)

大威徳蔵法王子。 (だい い とく ぞう ほう おう じ)

無憂蔵法王子。 (む う ぞう ほう おう じ)

大辯蔵法王子。 (だい べん ぞう ほう おう じ)

彌勒菩薩。 (み ろく ぼ さつ)

導首菩薩。 (どう しゅ ぼ さつ)

藥王菩薩。 (やく おう ぼ さつ)

藥上菩薩。 (やく じょう ぼ さつ)

華幢菩薩。 (け どう ぼ さつ)

華光幢菩薩。 (け こう どう ぼ さつ)

陀羅尼自在王菩薩。 (だ ら に じ ざい おう ぼ さつ)

觀世音菩薩。 (かん ぜ おん ぼ さつ)

大勢至菩薩。 (だい せい し ぼ さつ)

常精進菩薩。 (じょう しょう じん ぼ さつ)

寶印首菩薩。 (ほう いん しゅ ぼ さつ)

寶積菩薩。 (ほう しゃく ぼ さつ)

寶杖菩薩。 (ほう じょう ぼ さつ)

越三界菩薩。 (おつ さん がい ぼ さつ)

毘摩跋羅菩薩。 (び ま ばつ ら ぼ さつ)

香象菩薩。 (こう ぞう ぼ さつ)

大香象菩薩。 (だい こう ぞう ぼ さつ)

師子吼王菩薩。 (し し く おう ぼ さつ)

師子遊戲世菩薩。 (し し ゆ け せ ぼ さつ)

師子奮迅菩薩。 (し し ふん じん ぼ さつ)

師子精進菩薩。 (し し しょう じん ぼ さつ)

勇鋭力菩薩。 (ゆ えい りき ぼ さつ)

師子威猛伏菩薩。 (し し い みょう ぶく ぼ さつ)

莊厳菩薩。 (しょう ごん ぼ さつ)

大莊厳菩薩。 (だい しょう ごん ぼ さつ)

如是等菩薩摩訶薩。八萬人倶。 (にょ ぜ とう ぼ さつ ま か さつ。はち まん にん く)
かくの如き等(ら)の菩薩摩訶薩、八萬人が、一緒なり

是諸菩薩。莫不皆是。法身大士。(ぜ しょ ぼ さつ。まく ふ かい ぜ。ほっ しん だい じ)
この諸々の菩薩は、皆これ法身の大士にならざることなし

説明 莫不、無不、勿不 などの二重否定は、強い肯定の意、せざるはなし、せざることなし と読む 

戒定慧。解脱。解脱知見。之所成就。 (かい じょう え。げ だつ。げ だつ ち けん。し しょ じょう じゅ)
戒・定・慧・解脱・解脱知見の成就する所なり

其心禅寂。常在三昧。(ご しん ぜん じゃく。じょう ざい さん まい)
その心は禅寂にして、常に三昧に在りて、

恬安憺怕。無爲無欲。 (てん なん たん ぱく。む い む よく)  恬安憺怕に、無爲無欲なり

顛倒乱想。不復得入。(てん どう らん そう。ふ ぶ とく にゅう)
転倒し乱れた想いは、また入ることを得ず

靜寂清澄。志玄虚漠。(じょう じゃく しょう ちょう。し げん こ まく)
静寂で清澄で、志は幽玄で、虚漠(限りなく大きい)なり。

守之不動。億百千劫。(しゅ し ふ どう。おく ひゃく せん ごう)
これを守って動じないこと、億百千劫(無限の時間)なり

無量法門。悉現在前。(む りょう ほう もん。しつ げん ざい ぜん)
無量の法門(仏の教え)は、悉く、現在前した(今この前に在った)。

得大智慧。通達諸法。曉了分別。性相眞實。有無長短。明現顕白。
(とく だい ち え。つう だつ しょ ほう。ぎょう りょう ふん べつ。しょう そう しん じつ。う む ちょう たん。みょう げん けんびゃく)
大智慧を得て、諸法に通達し、性相の眞實を曉了し分別するに、有無や長短は、明現で顕白なり。

又善能知。諸根性欲。(う ぜん のう ち。しょ こん しょう よく)
又、善く能く、諸々の根性欲を知り、

以陀羅尼。無礙辯才。諸佛転法輪。隨順能転。(い だ ら に。む げ べん ざい。しょ ぶつ てん ぽう りん。ずい じゅん のう てん)
陀羅尼や無礙な辯才を以って、諸佛の転法輪は、隨順して能く転ず

説明 陀羅尼は、梵語で唱える呪文、

微訐萪悄0舗四濘弌(み たい せん だ。い えん よく じん)
微襪先ず墮ち、以って欲塵を淹(ひた)し

説明 微襪蓮∀のしずく。欲塵 は、欲情が心身を汚すことを塵埃に例えていう語。

   しずくが落ちて、塵を濡らすと、埃がたたない の意。

開涅槃門。扇解脱風。(かい ね はん もん。せん げ だっ ぷ)
涅槃門を開き、解脱の風を扇(あお)ぎ

除世悩熱。致法清涼。(じょ せ のう ねつ。ち ほう しょう りょう)
世の悩熱を除き、法の清涼を致す

説明 法の清涼を致す は、法を聞くことにより心が洗われて清く涼しくなること。

次降甚深。十二因縁。(し ごう じん じん。じゅう に いん ねん)
次に甚深なる十二因縁を降らして

用灑無明。老病死等。猛盛熾然。苦聚日光。
(ゆう しゃ む みょう。ろう びょう し とう。みょう じょう し ねん。く じゅ にっ こう)
もって灑(そそ)ぎ|無明・老・病・死・等の猛盛で熾然なる苦聚の日光に|

爾乃洪注。無上大乘。(に ない こう ちゅう。む じょう だい じょう)
しこうして乃ち、洪(おおい)に、無上の大乘を注いで

潤漬衆生。諸有善根。(にん し しゅ じょう。しょ う ぜん ごん)
潤漬し|衆生の諸有の善根を|

布善種子。遍功徳田。(ふ ぜん しゅ し。へん く どく でん)
善の種子を布(し)いて、功徳の田に遍じ

普令一切。発菩提萌。(ふ りょう いっ さい。はつ ぼ だい みょう)
普(あまね)く、令む|一切をして菩提の萌(め)を発せ|

智慧日月。方便時節。(ち え にち がつ。ほう べん じ せつ)
智慧の日月や方便の時節

扶蔬増長。大乘事業。(ふ そ ぞう ちょう。だい じょう じ ごう)
扶蔬増長し|大乘の事業を|

令衆疾成。阿耨多羅三藐三菩提。(りょう しゅ しつ じょう。あ のく た ら さん みゃく さん ぼ だい)
衆をして、令む|阿耨多羅三藐三菩提を成(じょう)じ

常住快楽。微妙眞實。無量大悲。救苦衆生。(じょう じゅう け らく。み みょう しん じつ。む りょう だい ひ。く く しゅ じょう)
常住の快楽、微妙眞實に、無量大悲、苦の衆生を救わ|

是諸衆生。眞善知識。(ぜ しょ しゅ じょう。しん ぜん ち しき)
これ諸々の衆生の眞善知識

是諸衆生。大良福田。(ぜ しょ しゅ じょう。だい ろう ふく でん)
これ諸々の衆生の大良福田

是諸衆生。不請之師。(ぜ しょ しゅ じょう。ふ しょう し し)
これ諸々の衆生の請ぜざるの師

是諸衆生。安隱楽處。救處。護處。大依止處。
(ぜ しょ しゅ じょう。あん のん らく しょ。ぐ しょ。ご しょ。だい え し しょ)
これ諸々の衆生の安隱の楽處・救處・護處・大依止處なり

處處爲衆生。作大良導師。大導師。(しょ しょ い しゅ じょう。さ だい ろう どうし。だい どう し)
處處に衆生の爲に、大良導師、大導師と作(な)る

能爲衆生盲。而作眼目。(のう い しゅ じょう もう。に さ げん もく)
よく衆生の盲いたるが為には、しかも、眼目を作(な)し

聾劓唖者。作耳鼻舌。(りょう ぎ あ しゃ。さ に び ぜつ)
聾・劓・唖の者には、耳・鼻・舌を作(な)し

諸根毀缺。能令具足。(しょ こん き けつ。のう りょう ぐ そく)
諸根毀缺せるをば、能く具足せしめ

顛狂荒乱。作大正念。(てん のう こう らん。さ だい しょう ねん)
顛狂荒乱なるには、大正念を作(な)さしむ

船師。大船師。運載群生。(せん し。だい せん し。うん ざい ぐん じょう)
(この諸々の菩薩は) 船師、大船師なり、群生を運載し

度生死河。置涅槃岸。(ど しょう じ が。ち ね はん がん)
生死の河を度して、涅槃の岸に置く

医王。大医王。分別病相。(い おう。だい い おう。ふん べつ びょう そう)
医王、大医王なり、病相を分別し

曉了藥性。隨病授藥。令衆薬服。(ぎょう りょう やく しょう。ずい びょう じゅ やく。りょう しゅ やく ぶく)
藥性を曉了し、病に隨って藥を授け、衆をして薬を服せしむ

調御。大調御。無諸放逸行。猶如象馬師。(ぢょう ご。だい ぢょう ご。む しょ ほう いつ ぎょう。ゆ にょう ぞう め し)
(この諸々の菩薩は) 調御、大調御なり。諸の放逸の行なし。なお、如し|象馬師が

能調無不調。師子勇猛。威伏衆獸。難可沮壞。
(のう ぢょう む ふ ちょう。し し ゆ みょう。い ぶく しゅ じゅう。なん か そ え)
能く調(ととの)うるに調(ととの)わざることなく、師子の勇猛なる威が衆獸を伏して、沮壞すべきこと難きが|

遊戲菩薩。諸波羅蜜。於如来地。堅固不動。
(ゆ げ ぼ さつ。しょ は ら みつ。お にょ らい ぢ。けん ご ふ どう)
遊戲し|菩薩の諸波羅蜜に|、如来の地に於いて、堅固にして動じない

安住願力。廣淨佛国。不久得成。阿耨多羅三藐三菩提。
(あん じゅう がん りき。こう じょう ぶつ こく。ふ く とく じょう。あ の く た ら さん みゃく さん ぼ だい)
願力に安住し、廣く佛国を淨め、久からずして、阿耨多羅三藐三菩提を成ずることを得る。

是諸菩薩摩訶薩。皆有如斯不思議徳。
(ぜ しょ ぼ さつ ま か さつ。かい う にょ し ふ し ぎ とく)
この諸々の菩薩摩訶薩は、皆、かくの如き不思議の徳有り。

其比丘名曰。(ご び く みょう わつ) その比丘の名は曰く

大智舍利弗。(だい ち しゃ り ほう)

神通目連。(じん つう もく けん れん)

慧命須菩提。(え みょう しゅ ぼ だい)

摩訶迦旃延。(ま か か せん えん)

彌多羅尼子。(み た ら に し)

富樓那。(ふ る な)

阿若憍陳如。(あ にゃきょう じん にょ)

天眼阿那律。(てん げん あ な つ)

持律優婆離。(じ りつ う ば り)

侍者阿難。(じ しゃ あ なん)

佛子羅雲。(ぶっ し ら うん)

優波難佗。(う ば なん だ)

離波多。(り ば た)

劫賓那。(こう ひん な)

薄拘羅。(は く ら)

阿周陀。(あ しゅ だ)

莎伽陀。(しゃ か だ)

頭陀大迦葉。(ず だ だい か しょう)

優樓頻螺迦葉。(う る びん ら か しょう)

伽耶迦葉。(か や か しょう)

那提迦葉。(な だい か しょう)

如是等比丘。萬二千人。(にょ ぜ とう び く。まん に せん にん)
かくの如き等(ら)の比丘は、一万二千人なり。

皆阿羅漢。盡諸結漏。無復縛著。眞正解脱。
(かい あ ら かん。じん しょ けつ ろ。む ぶ ばく じゃく。しん しょう げ だつ)
皆、阿羅漢なして、諸の結漏を盡くして、復た、縛著なく。眞正解脱なり

爾時大莊厳菩薩摩訶薩。遍觀衆坐。各定意巳。
(に じ だい しょう ごん ぼ さつ ま か さつ。へん かん しゅ ざ。かく じょう い い)
その時大莊厳菩薩摩訶薩たちは、遍く觀じ|衆が坐して、各々定意なるを|、終わって

与衆中八萬菩薩摩訶薩倶。 從坐而起。来詣佛所。
(よ しゅ ちゅう はち まん ぼ さつ ま か さつ ぐ。じゅう ざ に き。らい げん ぶつ しょ)
衆中の八萬菩薩摩訶薩と倶に、坐より、しかも起って、佛所に来詣し、

頭面礼足。遶百千匝。(づ めん らい そく。にょう ひゃく せん そう)
頭面礼足し、百千遍めぐり

焼散天華天香。(しょう さん てん げ てん こう)
天華天香を焼散(焼香散香)し

天衣天瓔珞。天無價寶珠。從上空中。旋転来下。
(てん え。てん よう らく。てん む げ ほう じゅ。じゅう じょう くう ちゅう。せん てん らい げ)
天衣、天瓔珞、天無價寶珠が、上空の中より、旋転し来下し

四面雲集。而獻於佛。(し ろん うん じゅう。に こん の ぶつ)
四面に雲のごとく集まり、しかも佛にたてまつる

天厨。天鉢器。天百味。充滿盈溢。(てん ちゅう。てん ばつ き。てん ひゃくみ。じゅう まん よう いつ)
天厨の天鉢器に、天の百味が、充滿し盈溢し、

見色聞香。自然飽足。(けん しき もん こう。じ ねん ほう そく)
色を見て、香を嗅ぐに、自然に飽足す。

天幢。天幡。天軒蓋。天妙楽具。(てん どう。てん ばん。てん こん がい。てん みょう らく ぐ)
天幢、天幡、天軒蓋、天妙楽具が

處處安置。作天伎楽。娯楽於佛。即前胡跪合掌。
(しょ しょ あん ち。さ てん ぎ がく。ご らく お ぶつ。そく ぜん こ き がっ しょう)
所々に安置され、天の伎楽をなして、仏を娯楽せしめ、即ち、前(すす)んで胡跪し合掌し

一心倶共同聲。 説偈讃言。(いっ しん く ぐ どう しょう。せつ げ さん ごん)
一心に倶共(ともども)に声を同じくして、偈(げ)を説いて、讃(ほ)めて言わく

大哉大悟大聖主。(だい さい だい ご だい しょう しゅ) 大いなるかな大悟大聖主よ

無垢無染無所著。(む く む ぜん む しょ じゃく) 無垢で無染で、無所著なり

説明 無所著 は、執着する所が無い の意

天人象馬調御師。(てん にん ぞう め ちょう ご し) 天、人、象、馬の調御師なり

道風徳香熏一切。(どう ふう とっ こう くん いっ さい) 道風徳香が一切に熏じ

説明 道が風となり、徳が香りとなって、あらゆるものに香る の意

智恬情泊慮凝靜。(ち てん じょう はく りょ ぎょう じょう) 智は恬(しず)かに情は泊(しず)かに慮凝靜なり

説明 智恵も静か、感情も静か、思慮も凝念(疑念)も静か の意

意滅識亡心亦寂。(い めつ しき もう しん やく じゃく) 意は滅し識は亡びて心は亦寂かなり

永断夢妄思想念。(よう だん む そう し そう ねん) 永く夢妄の思想念を断じて

無復諸大陰入界。(む ぶ しょ だい おん にゅう かい) また諸々の大陰入界もなし

其身非有亦非無。(ご しん ひ う やく ひ む) その身は、有にあらず、無にあらず

非因非縁非自他。(ひ いん ひ えん ひ じ た) 因にあらず、縁にあらず、自他にあらず

非方非圓非短長。(ひ ほう ひ えん ひ たん ぢょう) 方にあらず、円にあらず、短長にあらず

非出非没非生滅。(ひ しゅつ ひ もつ ひ しょう めつ) 出にあらず没にあらず生滅にあらず

非造非起非爲作。(ひ ぞう ひ き ひ い さ) 造にあらず起にあらず爲作にあらず

説明 非爲作は、為すのでも作るのでもない の意

非坐非臥非行住。(ひ ざ ひ が ひ ぎょう ぢゅう) 坐にあらず臥にあらず行住にあらず

説明 非行住 は、行くのでも、住む(とどまる)のでもない の意

非動非転非閑靜。(ひ どう ひ てん ひ げん じょう) 動にあらず転にあらず閑靜にあらず

非進非退非安危。(ひ しん ひ たい ひ あん き) 進にあらず退にあらず安危にあらず

非是非非非得失。(ひ ぜ ひ ひ ひ とく しつ) 是にあらず非にあらず得失にあらず

非彼非此非去来。(ひ ひ ひ し ひ こ らい) 彼にあらず此にあらず去来にあらず

非青非黄非赤白。(ひ しょう ひ おう ひ しゃく びゃく) 青にあらず黄にあらず赤白にあらず

非紅非紫種種色。(ひ く ひ し しゅ じゅ しき) 紅にあらず、紫や種々の色にあらず

戒定慧解知見生。(かい ぢょう え げ ち けん しょう) 戒、定、慧、解、知見が生じ

三昧六通道品発。(さん まい ろく つう どう ぼん ほつ) 三昧、六通、道品が発し

慈悲十力無畏起。(じ ひ じゅう りき む い き) 慈悲、十力、無畏が起こり

衆生善業因縁出。(しゅ じょう ぜん ごう いん ねん しゅつ) 衆生の善業や因縁が出る

示爲丈六紫金暉。(じ い じょう ろく し こん き) 示して丈六の紫金暉をなし

方整照曜甚明徹。(ほう しょう しょう よう じん みょう てつ) 方整で照曜として甚だ明徹なり

毫相月旋項日光。(ごう そう がつ せん こう にっ こう)
毫相の月は旋(めぐ)り項(うなじ)の日は光る

説明 仏の眉間には白く細い毛がはえていて、それが月のように旋回し、うなじから日の光が指している様子

旋髮紺青頂肉髻。(せん ばつ こん じょう ちょう にっ けい)

淨眼明照上下眴。(じょう げん みょう きょう じょう げ じゅん)

眉睫紺舒方口頰。(み しょう こん じょ ほう く きょう)

脣舌赤好若丹華。(しん ぜつ しゃっ こう にゃく たん げ)

白歯四十猶珂雪。(びゃく し し じゅう ゆ か せつ)

額廣鼻脩面門開。(がっ こう び しゅ めん もん かい)

胸表萬字師子臆。(く ひょう まん じ し し おく)

手足柔軟具千輻。(しゅ そく にゅう なん ぐ せん ぶく)

腋掌合縵内外握。(やく しょう ごう まん ない げ あく)

臂脩肘長指直纖。(ひ しゅ ちゅう ぢょう し じき せん)

皮膚細軟毛右旋。(ひ ふ さい なん もう う せん)

踝膝露現陰馬蔵。(か しつ ろ げん おん め ぞう)

細筋鎖骨鹿膊腸。(さい こん さ こつ ろく せん ちょう)

表裏映徹淨無垢。(ひょう り よう てつ じょう む く)

濁水莫染不受塵。(じょく すい まく ぜん ふ しゅ じん)

如是等相三十二。(にょ ぜ とう そう さん じゅう に)

八十種好似可見。(はち じっ しゅ ごう じ か けん)

而實無相非相色。(に じつ む そう ひ そう しき)

一切有相眼對絶。(いっ さい う そう げん たい ぜつ)

無相之相有相身。(む そう し そう う そう しん)

衆生身相相亦然。(しゅ じょう しん そう そう やく ねん)

能令衆生歡喜礼。(のう りょう しゅ じょう かん ぎ らい)

投心表敬成慇懃。(とう しん ひょう きょう じょう おん ごん)

因是自高我慢除。(しん ぜ じ こう が まん ぢょ)

成就如是妙色躯。(じょう じゅ にょ ぜ みょう しき く)

今我等八萬之衆。(こん が とう はち まんし しゅ)

倶皆稽首咸歸命。(く ぐ けい しゅ げん き みょう)

善滅思相心意識。(ぜん めつ し そう しん い しき)

象馬調御無著聖。(ぞう め ぢょう ご む ぢゃく しょう)

稽首歸依法色身。(けい しゅ き え ほう しき しん)

戒定慧解知見聚。(かい ぢょう え げ ち けん しゅ)

稽首歸依妙種相。(けい しゅ き え みょう しゅ そう)

稽首歸依難思議。(けい しゅ き え なん し ぎ)

梵音雷震響八種。(ぼん のん らい しん きょう はっ しゅ)

微妙聢匿喊識鵝(み みょう しょう じょう じん じん のん)

四諦六度十二縁。(し たい ろく ど じゅう に えん)

隨順衆生心業転。(ずい じゅん しゅ じょう しん ごう てん)

若有聞莫不意開。(にゃく う もん まく ふ い かい)

無量生死衆結断。(む りょう しょう じ しゅ けつ だん)

有聞或得須陀ヲン。(う もん わく とく しゅ だ おん)

斯陀阿那阿羅漢。(し だ あ な あ ら かん)

無漏無爲縁覺處。(む ろ む い えん がく しょ)

無生無滅菩薩地。(む しょう む めつ ぼ さつ ち)

或得無量陀羅尼。(わく とく む りょう だ ら に)

無礙楽説大辯才。(む げ ぎょう せつ だい べん ざい)

演説甚深微妙偈。(えん ぜつ じん じん み みょう げ)

遊戲澡浴法清渠。(ゆ け そう よく ほう しょう こ)

或躍飛騰現神足。(わく やく ひ とう げん じん そく)

出没水火身自由。(しゅつ もつ すい か しん じ ゆう)

如来法輪相如是。(にょ ぜ ほう りん そう にょ ぜ)

清淨無邊難思議。(しょう じょう む へん なん し ぎ)

我等咸復共稽首。(が とう げん ぶく )

歸命法輪転以時。(き みょう ほう りん てん い じ)

稽首歸依梵音聲。(けい しゅ き え ぼん のん じょう)

稽首歸依縁諦度。(けい しゅ き え えん たい ど)

世尊往昔無量劫。(せ そん おう しゃく む りょう ごう)

勤苦修習衆徳行。(ごん く しゅ しゅう しゅ とく ぎょう)

爲我人天龍神王。(い が にん てん りゅう じん のう)

普及一切諸衆生。(ふ ぎゅう いっ さい しょ しゅ じょう)

能捨一切諸難捨。(のう しゃ いっ さい しょ なん しゃ)

財寶妻子及国城。(ざい ほう つい し ぎっ こく じょう)

於法内外無所悋。(お ほう ない げ む しょ りん)

頭目髓腦悉施人。(づ もく ずい のう しつ せ にん)

奉持諸佛清淨禁。(ぶ ぢ しょ ぶつ しょう じょう きん)

乃至失命不毀傷。(ない し しつ みょう ふ き しょう)

若人刀杖来加害。(にゃく にん とう ぢょう らい か がい)

惡口罵辱終不瞋。(あっ く め にく じゅ ふ しん)

歴劫挫身不惓惰。(りゃっ こう ざ しん ふ けん だ)

晝夜攝心常在禅。(ちゅう や せつ しん じょう ざい ぜん)

遍學一切衆道法。(へん がく いっ さい しゅ じょう どう ほう)

智慧深入衆生根。(ち え じん にゅう しゅ じょう こん)

是故今得自在力。(ぜ こ こん とく じ ざい りき)

於法自在爲法王。(お ほう じ ざい い ほう おう)

我復咸共倶稽首。(が ぶ げん ぐ く けい しゅ)

歸依能勤諸難勤。(き え のう ごん しょ なん ごん)

 

 :現在の閲覧者数:

     

 ご意見等がありましたら、think0298(@マーク)ybb.ne.jp におよせいただければ、幸いです。

 ホームページアドレス: https://think0298.stars.ne.jp