法華三部経 

2020.2.7

 2015年の初めに、このサイトを始めてすぐ、仏教経典の中では、最初に、般若心経を読み、

2015.8.13 に、「般若心経を読む」という頁を書きました。

 その後、2018年になって、法華経を読み始めました。

法華経は、「南無妙法蓮華経」というお題目が示すように、仏教の経典の中でも、重要な経典です。

しかし、法華経は、余りに大部なので、2019年に、無量義経 についても、読み始めました。

 無量義経妙法蓮華経 (法華経)、ともう一つ、仏説観普賢菩薩行法経 (観普賢経) は、

法華三部経と呼ばれ、天台宗や、日蓮宗・日蓮正宗などの法華宗における基本経典です。

 法華三部経の原典を読むために、平楽寺書店 が発行する

 真読妙法蓮華教並開結 振かな付 と、訓訳妙法蓮華教並開結 を購入しました。

 前者は、お経を呉音で読誦するための振りかなが付いていて、後者は、お経の書き下し文が書かれています。

両者を合体した真訓両読の本も出版されています。

 さて、お経の原文と、呉音による振りがな、書き下し文、現代語直訳のセットは、それぞれの頁に記載していますが、

無量義経と、法華経の内容の違いだとか、その他のお経についての豆知識などは、

この頁に記載したいと考えています。

 

 最初の豆知識は、以下の通りです。

 中国の天台大師 (ちぎ)禅師 (538-598) は、釈迦が説いた仏教を五時八教に分けました。

最初が、華厳時、2番目が阿含時、3番目が方等時、4番目が般若時、5番目が法華涅槃時で、

この最後の法華涅槃時の教えが、法華経と涅槃経なのですが、

この最後に説いた法華経が、最も重要な教えであるとしました。

 法華経の開経とされる『無量義経』には、

「種々に法を説くこと方便力を以てす。四十余年には未だ真実を顕さず」

(人々の理解力が未熟であったので、方便によって経を説いてきた。これまでの四十数年にはまだ真実を説いていない)とあり、

次に説く法華経こそが真実経であると明言されています。

 

 

     

 ご意見等がありましたら、think0298(@マーク)ybb.ne.jp におよせいただければ、幸いです。

 ホームページアドレス: https://think0298.stars.ne.jp