ブクログ vs 読書メーター 

2017.8.9

 私は、若い頃から、本棚に収めた本の背表紙を眺めながら、思いを巡らせることが好きでしたが、

本箱が満杯となり、本箱の前に積み重ね状態になってしまいました。

 また、図書館で借りた本は、本棚に飾れないので、ブクログに本棚を作りました。

 

 本の登録は、アマゾンの厖大な書籍データを利用するので、いとも簡単にできます。

本の画像が使えるので、非常に、わかりやすい本棚が構築できます。

実際の本棚では、背表紙しか見えませんが、ブクログでは、本の表紙が見える様にならべてくれるので、本当に魅力的です。

 今年2月頃のブクログ通信に、会員数100万人突破 とありました。

 

 さて、ブクログと同じように利用者が多いのが、読書メーター です。

先日、こちらの方にも登録して、本箱を構築してみました。

読書メーターでは、本を、読んだ本、読んでる本、積読本、読みたい本 に分けて登録できます。

画像付きの表示をすると、その本を登録している人の数が、下の方に、表示されます。

その本をクリックすると、皆さんの 感想・レビューを読むことができ、SNSとしての機能が使いやすくなっています。

 

 また、ブクログのような本箱表示も可能です。自分の好きな数だけ本箱をつくることができるので、より便利です。

当座は、全般 と キンドル という2つの本箱を作ってみました。

本箱には、本の追加ボタンを押して、登録します。

また、本箱内の本の移動も、簡単にできるので、便利な作りとなっています。

 

 読書メーターについては、使い始めたばかりなので、他の使い方がわかりましたら、また、記事を追加します。

 

 

         

ホームページアドレス: http://www.geocities.jp/think_leisurely/

 


自分のホームページを作成しようと思っていますか?
Yahoo!ジオシティーズに参加