石川啄木 一握の砂 原文 現代語訳 対比

2015.10.11 更新2016.1.8 2022.08.17

(本頁の短歌の文語文の文法説明は、まだ完成ではありません。説明の誤りに気づかれた方のご指摘を歓迎します。)

 格調の高い文語の魅力を忘れないためには、文語で詠われた短歌や俳句に接することが役立ちます。

 石川啄木の短歌は、現代人にもわかりやすい文語で詠まれています。
この悲しくも格調の高い短歌を、日本人の宝として忘れずに記憶にとどめていきたいと思います。

 子ども版 「声に出して読みたい日本語」 の8冊目に、「石川啄木」をとりあげた齋藤孝さんは、
石川啄木を以下のように説明していてわかりやすいので、紹介します。

 石川啄木は、明治19年(1886)に生まれ、明治45年(1912)に亡くなっている。
いわゆる明治人のイメージとはほど遠い、子どもっぽく、頼りない人物であった。

からだも小さく、生活力もあまりない。金銭感覚もあやしい。故郷の岩手県渋民村を追われるようにして出てきた。
同じ岩手県生まれの宮沢賢治とはずいぶん評判がちがう。

高等小学校で同級生だった金田一京助(アイヌ語研究をはじめとする言語学者)にたびたび世話になっている。
母性本能をくすぐるような弱さを持っていたようだ。

 弱さというのは、人を惹きつける力になる。私たちは子犬や赤ちゃんに引き寄せられる。

しっかりと自立した強い精神の人間を尊敬しはするが、共感はしにくい。

啄木のもつ「傷つきやすさ」は共感を呼び起こす。大きな身体の人間に対してさえコンプレックスを抱いてしまう。

友だちがみんな偉く見えてしまう日は、花を買ってきて妻と親しむ。

故郷を飛び出してきたくせに、上野駅に故郷のなまりを聴きにゆく。海岸で泣き濡れて蟹とたわむれる。

なんともはや、「センチメンタリズムの巨匠」である。
(中略) 
この本で啄木の歌をいくつも覚えてくれれば、その後の人生にきっと潤いが出るだろう。
自分の弱さと向き合い、それをきちんとつかんでいる時点で、その人はもう弱くない。

 齋藤孝さんは、この本で「一握の砂」の551首のうち現代文としてもわかりやすい30首を原文のまま紹介しています。
簡単な説明がついていますが、現代語訳や、文法の説明はありません。

 私は、文語としてすばらしい歌に、現代語訳と簡単な文法の説明を加えてみました。以下に、100首(2015.10.15)示します。

 現代語訳の表記を、赤色太字に変更しました。(2016.1.8)

歌集 「一握の砂」  明治43年12月刊行

明治41年夏以後の作一千余首中より551首を抜きてこの集に収む。
集中五章、感興の来由するところ相近きをたづねて仮にわかてるのみ。
「秋風のこころよさに」は明治41年秋の記念なり。

 

我を愛する歌  1 - 151

001 東海の 小島の磯の 白砂に われ泣きぬれて 蟹とたわむる
  とうかいの こじまのいその しらすなに われなきぬれて かにとたわむる
    東海の 小島の磯の 白砂に、私は泣き濡れて 蟹とたわむれる

説明 この場所は、啄木が故郷を追われて移った函館の大森浜と考えられていて、啄木小公園に啄木像があり、
    立待岬の眺めのよい断崖の上に建つ啄木一族の墓の碑面にこの歌が刻まれています。

002 頬につたふ なみだのごはず 一握の 砂を示しし 人を忘れず
  ほにつたう なみだのごわず いちあくの すなをしめしし ひとをわすれず
    頬につたう涙をぬぐわずに 私は 一握の砂を示した人を忘れない

説明 「のごふ」は「ぬぐう」です。
  「示しし人」の二番目の「し」は過去の助動詞「き」の連体形ですので、「示した人」という意味になりますが、
  「私が示した人」か「私に示した人」のどちらかなのかはわかりません。

日本語には関係代名詞が無いので、「示した人」が「AがBに示した」ときのAなのかBなのか、文法上は曖昧になります。

003 大海に むかひて一人 七八日 泣きなむとすと 家を出でにき
  だいかいに むかってひとり ななようか なきなむとすと いえをいでにき
    大海に向かって一人 七日八日と泣いてやろうとして 家を出てしまった

説明 「泣きなむ」の「な」は、「してしまう」という確述の助動詞「ぬ」で、
    「む」は推量・意志の助動詞なので「泣いてしまおう」という意味になります。

  「とすと」は、現代語では「としようと」という意味になると思います。
   「出でにき」の「に」は完了の助動詞「ぬ」の連用形で、「き」は完了の助動詞なので「〜してしまった」の意味となります。

004 いたく錆びし ピストル出でぬ 砂山の 砂を指もて 掘りてありしに
  いたくさびし ぴすとるいでぬ すなやまの すなをゆびもて ほりてありしに
    ひどく錆びたピストルが出た 砂山の砂を指でもって 掘っていたときに

005 ひと夜さに 嵐来りて 築きたる この砂山は 何の墓ぞも
  ひとよさに あらしきたりて きづきたる このすなやまは なにのはかぞも
    ある一晩に 嵐が来て築いたこの砂山は、何の墓かなあ

説明 よさ は、夜去り が変化したものと考えられていて。夜 夜さり の意で使われます。

説明 ぞも は、詠嘆の気持ちを示す 

006 砂山の 砂に腹這ひ 初恋の いたみを遠く おもい出づる日
  すなやまの すなにはらばい はつこいの いたみをとおく おもいいづるひ
    砂山の 砂に腹這い 初恋の いたみを遠く 思い出す日

説明 「出づ」は自動詞「出る」他動詞「出す」の両方の意味をもちます。

007 砂山の 裾によこたはる 流木に あたり見まわし 物言ひてみる
  すなやまの すそによこたわる りゅうぼくに あたりみまわし ものいってみる
    砂山の裾によこたわっている流木に あたりを見回して 物を言ってみる

008 いのちなき 砂のかなしさよ さらさらと 握れば指の あひだより落つ
    いのちのない砂の悲しさよ  さらさらと 握ると指の間から落ちる

009 しつとりと なみだを吸へる 砂の玉 なみだは重き ものにしあるかな
    しっとりと 涙を吸った砂の玉 なみだは重いものなんだな

説明 「ものにし」の「し」は、強調の役割を持つ副助詞です。例:名にし負わば 
    現在では「果てしない」のような言葉や、「必ずしも」「折しも」「まだしも」というような言葉の中に残っています。

010 大といふ 字を百あまり 砂に書き 死ぬことをやめて 帰り来れり
    大という字を 百あまり 砂に書き 死ぬことを止めて帰って来ました

説明 「来たれり」は動詞「来」の連用形「き」と存続の助動詞「たり」の已然形「たれ」と
    完了の助動詞「り」がつながったもので、「来ました」の意味となります。

011 目さまして 猶起き出でぬ 児の癖は かなしき癖ぞ 母よ咎むな
    目をさまして猶起き出さない子の癖は かなしい癖だよ 母よ咎めるな

012 ひと塊の 土に涎し 泣く母の 肖顔つくりぬ かなしくもあるか
  ひとくれの つちによだれし なくははの にがおつくりぬ かなしくもあるか
    ひと塊の土に 涎を落として 泣く母の似顔をつくった 悲しくもあるかな

013 燈影なき 室に我あり 父と母 壁のなかより 杖つきて出づ
  ほかげなき しつにわれあり ちちのはは かべのなかより つえつきていづ
    明かりのない部屋に私はいた 父と母が 壁の中から杖をついてでてきた

014 たはむれに 母を背負ひて そのあまり 軽きに泣きて 三歩あゆまず
  たわむれに ははをせおいて そのあまり かろきになきて さんぽあゆまず
    たわむれに 母を背負って、その余りの軽さに泣いて、私は三歩歩まない。

説明 文語の「軽し」(かろし)は、口語では「軽い」(かるい)になり、

  「軽き」(かろき)は、口語の「軽さ」に対応するでしょうか。

  「三歩あゆまず」は、一歩、二歩と歩くうちに、涙がでてきて、三歩目は歩まず、立ち止まった というような感じでしょう。
   啄木の歌稿ノートには、「三歩あるかず」となっているそうで、推敲の結果、「三歩あゆまず」になりました。

「ありく」「あるく」は、歩いて移動することを意味しますが、「あゆむ」は、一歩一歩進むという意味で使われます。
あゆみ」という言葉は、現代も使います。(2015.11.2修正)

015 飄然と 家を出でては 飄然と 帰りし癖よ 友はわらへど
  ひょうぜんと いえをいでては ひょうぜんと かえりしくせよ ともはわらえど
  飄然と家を出て 飄然と帰った私の癖 友はわらうのだが

016 ふるさとの 父の咳する 度に斯く 咳の出づるや 病めばはかなし
  ふるさとの ちちのせきする たびにかく せきのいづるや やめばはかなし
  故郷の父が咳するたびに、このように私にも咳が出るのた、病気になると、はかないものだ。

017 わが泣くを 少女等きかば 病犬の 月に吠ゆるに 似たりといふらむ
  わがなくを おとめらきかば やまいぬの つきにほゆるに にたりというらむ
    私が泣くのを少女達が聞いたら   病気の犬が月に吠えるに似ているというだろう

018 何処やらむ かすかに虫の なくごとき こころ細さを 今日もおぼゆる
  いづくやらむ かすかにむしの なくごとき こころほそさを きょうもおぼゆる
    何処だろうか かすかに虫がなくような こころ細さを今日も覚える

019 いと暗き 穴に心を 吸はれゆく ごとく思ひて つかれて眠る
    とても暗い穴に 心を吸われてゆくように思って つかれて眠る

020 こころよく 我にはたらく 仕事あれ それを仕遂げて 死なむと思ふ
    こころよく 私に 働く仕事よあれ  それをし遂げて 死のうと思う

説明 「仕事あれ」の「あれ」は動詞「あり」の已然形・命令形です。どう訳すべきか、今の私にはまだわかりません。

021 こみ合へる 電車の隅に ちぢこまる ゆふべゆふべの 我のいとしさ
  こみあえる でんしゃのすみに ちぢこまる ゆうべゆうべの われのいとしさ
  込み合える電車の隅にうずくまる、毎夕毎夕の、私のいとしさ

022 浅草の 夜のにぎはひに まぎれ入り まぎれ出で来し さびしき心
  あさくさの よのにぎわいに まぎれいり まぎれいできし さびしきこころ
  浅草の夜のにぎわいに、紛れ込み、紛れでてきた、心はさびしい

023 愛犬の 耳斬りてみぬ あはれこれも 物に倦みたる 心にかあらむ
  あいけんの みみきりてみぬ あわれこれも ものにうみたる こころにかあらむ
  愛犬の耳を切ってみた、あわれだ、これも、物に倦んだ心のせいなのでしょうか

024 鏡とり 能ふかぎりの さまざまの 顔をしてみぬ 泣き飽きし時
  かがみとり あたうかぎりの さまざまの かおをしてみぬ なきあきしとき
    鏡をとって能うるかぎりの様々な顔をしてみた 泣き飽きた時に

025 なみだなみだ 不思議なるかな それをもて 洗えば心 戯けたくなれり
  なみだなみだ ふしぎなるかな それをもて あらえばこころ おどけたくなれり
   
なみだなみだ、不思議だなあ。それをもって洗うと心がおどけたくなったよ

026 呆れたる 母の言葉に 気がつけば 茶碗を箸もて 敲きてありき
  あきれたる ははのことばに きがつけば ちゃわんをはしもて たたきてありき
    呆れた母の言葉に 気がつくと 茶碗を箸でたたいていたなあ

027 草に臥て おもふことなし わが額に 糞して鳥は 空に遊べり
  くさにねて おもうことなし わがぬかに ふんしてとりは そらにあそべり
    草のうえに寝て 思うことがない 私の額に糞をして鳥は空に遊んでいた

028 わが髭の 下向く癖が いきどほろし このごろ憎き 男に似たれば
  わがひげの したむくくせが いきどおろし このごろにくき おとこににれば
  私の髭の下向く癖が腹立たしい、この頃憎い、男に似ているので

029 森の奥より 銃声聞ゆ あはれあはれ 自ら死ぬる 音のよろしさ
  もりのおくより じゅうせいきこゆ あわれあわれ みずからしぬる おとのよろしさ
  森の奥から銃声が聞こえる。あわれだ。自ら死ぬ銃声のよろしさ。

参考 この歌の読解については、近藤さんのブログ記事を紹介します。
   http://asahidake-n.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-939b.html

030 大木の 幹に耳あて 小半日 堅き皮をば むしりてありき
  たいぼくの みきにみみあて こはんにち かたきかわをば むしりてありき
  大木の、幹に耳をあてて、ほぼ半日、堅い皮をむしっていました。

参考 この歌の読解については、近藤さんのブログ記事を紹介します。
   
http://asahidake-n.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-2e8d.html

031 「さばかりの 事に死ぬるや」 「さばかりの 事に生くるや」 止せ止せ問答
  さばかりの ことにしぬるや さばかりの ことにいくるや よせよせもんどう
    「そのくらいの事に死ぬのか」「それくらいの事に生きるのか」 止せ止せ問答

032 まれにある この平らなる 心には 時計の鳴るも おもしろく聴く
  まれにある このたいらなる こころには とけいのなるも おもしろくきく
    希にある この平らな心には 時計が鳴るのもおもしろく聴く

033 ふと深き 怖れを覚え ぢつとして やがて静かに 臍をまさぐる
  ふとふかき おそれをおぼえ じっとして やがてしずかに ほそをまさぐる
    ふと深い怖れを覚えて じっとして やがて静かにへそを まさぐる

034 高山の いただきに登り なにがなしに 帽子をふりて 下り来しかな
  たかやまの いただきにのぼり なにがなしに ぼうしをふりて くだりきしかな
  高い山の頂上に登り、なにがなしに帽子を振って、降りて来たんだ

035 何処やらに 沢山の人が あらそひて くじ引くごとし 我も引きたし
  どこやらに たくさんのひとが あらそいて くじひくごとし われもひきたし
    どこやらに沢山の人が争って くじを引くようだ 私も引きたい

036 怒る時 かならずひとつ 鉢を割り 九百九十九 割りて死なまし
  いかるとき かならずひとつ はちをわり きゅうひゃくくじゅうく わりてしなまし
  怒る時に必ず一つ鉢を割って、999個割って、死にましょう

037 いつも逢ふ 電車の中の 小男の 稜ある眼 このごろ気になる
  いつもあう でんしゃのなかの こおとこの かどあるまなこ このごろきになる
  いつも会う電車の中の小男のとげとげしい目つきが、このごろ気になる

038 鏡屋の 前に来て ふと驚きぬ 見すぼらしげに 歩むものかも
  かがみやの まえにきて ふとおどろきぬ こすぼらしげに あゆむものかも
    鏡屋の前に来てふと驚いたよ みすぼらしげに歩くものだなあ

039 何となく 汽車に乗りたく 思ひしのみ 汽車を下りしに ゆくところなし
    なんとなく汽車に乗りたくなっただけ 汽車を下りたが行くところはない

040 空家に入り 煙草のみたる ことありき あはれただ一人 居たきばかりに
  あきやにいり たばこのみたる ことありき あわれただひとり いたきばかりに
  空家に入りタバコを飲んだことがあった あわれだ ただ独りで居たかったばかりに

041 何がなしに さびしくなれば 出てあるく 男となりて 三月にもなれり
  なにがなしに さびしくなれば でてあるく おとことなりて みつきにもなれり
    なんとなくさびしくなると出て歩く男となって 三ケ月にもなった

042 やはらかに 積もれる雪に 熱てる頬を 埋むるごとき 恋してみたし
  やわらかに つもれるゆきに ほてるほを うずむるごとき こいしてみたし
    やわらかく積もった雪にほてった頬を埋めるような恋をしてみたいなあ

043 かなしきは 飽くなき利己の 一念を 持てあましたる 男にありけり
    悲しいのは 飽きることない利己の一念をもてあましている男であったのだなあ

説明 最後の助動詞「けり」は、過去から現在まで続いている今まで意識しなかった事実に始めて気づいたことを表し、
   「〜だったのだなあ」という詠嘆の意味となります。

044 手も足も 室いっぱいに 投げ出して やがて静かに 起きかへるかな
  てもあしも へやいっぱいに なげだして やがてしずかに おきかえるかな
  手も足も、部屋いっぱいに投げ出して、やがて静かに起き上がったのさ

045 百年の 長き眠りの 覚めしごと あくびしてまし 思ふことなしに
  ももとせの ながきねむりの さめしごと あくびしてまし おもうことなしに
    百年の長い眠りが覚めたように 欠伸してみようか 思うことなしに

説明 「欠伸してまし」の「まし」は、事実に反することを仮に想定したり、その想定に基づいて
   推量したりする気持ちを表す助動詞で、「欠伸をしてみようか、欠伸をしたものだろうか」という意味になります。

046 腕拱みて このごろ思ふ 大いなる 敵目の前に 躍り出でよと
  うでくみて このごろおもう おおいなる てきめのまえに おどりいでよと
  腕をくんで このごろ思う 大きな敵が 目の前におどりでてこいと

047 手が白く 且つ大なりき 非凡なる 人といはるる男に会ひしに
  てがしろく かつだいなりき ひぼんなる ひとといわるる おとこにあいしに
  手が白く かつ大きかった 非凡な人と言われる男に会ったが

説明 朝日新聞に入社したときの池辺三山主事のことです。

048 こころよく 人を讃めてみたく なりにけり 利己の心に 倦めるさびしさ
  こころよく ひとをほめてみたく なりにけり りこのこころに うめるさびしさ
    気持ちよく人をほめてみたくなったな 利己の心に飽きたさびしさ

説明 「倦める」は、「倦む」に完了・継続の助動詞「り」がつながり、「飽きてしまった」という意味になります。

049 雨降れば わが家の人誰も誰も沈める顔す 雨霽れよかし
  あめふれば わがいえのひと たれもたれも しずめるかおす あめはれよかし
  雨が降ると、我が家の人達は、誰もかれも沈んだ顔になる、雨よ晴れてくれ

050 高きより 飛びおりるごとき 心もて この一生を 終るすべなきか
    高いところから飛び降りるような気持ちをもって、この一生を終わる方法はないのか

051 この日頃 ひそかに胸に やどりたる 悔ありわれを 笑はしめざり
    この日ごろひそかに胸にやどっている悔いがある。私を笑わせないのだ。

052 へつらひを 聞けば腹立つ わがこころ あまりに我を 知るがかなしき
    へつらいを聞くと腹がたつ私の心。あまりに自分を知るのが悲しい。

053 知らぬ家 たたき起して 遁げ来るが おもしろかりし 昔の恋しさ
  しらぬいえ たたきおこして にげくるが おもしろかりし むかしのこいしさ
  知らない家の戸をたたき起こして逃げて来るのが面白かった。昔の恋しさ

054 非凡なる 人のごとくに ふるまえる 後のさびしさは 何にかたぐへむ
    非凡な人のようにふるまった後のさびしさは、何にたとえましょうか

説明 「たぐふ」(比ふ、類ふ、副ふ) とう言葉は死後になりつつあるが、その名詞形「たぐい」は、
    たぐいまれ (類希) のような言い回しに生き残っています。

    ここでは、何にたとえましょうかというような意味で使っていると思います。

055 大いなる 彼の身体が 憎かりき その前にゆきて 物を言ふとき
  おおいなる かれのからだが にくかりき そのまえにゆきて ものをいうとき
    大きな彼の体が憎かった。彼の前に行って、ものを言うときに

説明 「大いなる」は、形容詞「大し」の連体形「大き」のイ音便「大い」に断定の助動詞「なり」の連体形が続いたものです。

    「おほきなる」という形容動詞の連体形と考えてもいいかもしれません。

   どちらにしても、「大きな」という意味になります。現代でも、大きい と 大きな は 両方使いますね。
   「大きい」は形容詞ですが、「大きな」は名詞の前にしか使わないので、連体詞と呼ばれています。

 「憎かりき」の「憎かり」は、形容詞「憎し」の連用形で、過去に体験したことを示す助動詞「き」が続いて、「憎かった」の意味となります。

説明 朝日新聞に入社したときの、佐藤北江編集局長のことです

056 実務には 役に立たざるうた人と 我を見る人に 金借りにけり
  じつむには やくにたたざる うたびとと われをみるひとに かねかりにけり
  実務には 役に立たない歌人と 私を見る人に お金を借りたのです

057 遠くより 笛の音聞こゆ うなだれて ある故やらむ なみだ流るる
    遠くから笛の音が聞こえる。うなだれているからなのか。涙が流れ落ちることよ

説明 「聞こゆ」は、「聞こえる」です。

  「やらむ」もしくは「やらん」は「にやあらん」が変化したもので、断定の助動詞「なり」の連用形「に」と、
    係助詞「や」と、動詞「あり」の未然形「あら」と、推量の助動詞「ん(む)」が組み合わさり、「だろうか」という意味になります。

 「流るる」は動詞「流る」の連体形「流るる」です。
   和歌では、終止形で止めるべきところを、連体形で止めるスタイルもあり、連体止めもしくは連体形止めと呼んでいます。

  これは、 なんらかの余韻をねらっています。たとえば、詠嘆を表す終助詞「かな」は、連体形に続いて、

  「何々だなあ」「ことよ」といった意味を表しますが、これを補ってみてもいいかもしれません。

058 それもよし これもよしとて ある人の その気がるさを 欲しくなりたり
    それもいい、これもいいと言っている人の、その気軽さを、欲しくなってしまった

説明 「とて」は、「と言って」という意味ですが、「とてある」と続いて、「と言っている」の意味となります。

文語の「あり」に対応して、現代口語では、「ある」と「いる」の二つの動詞があります。
基本的には、人や動物があるときは、「いる」、物事や場所があるときは、「ある」を使いますが、

「何々している。」「何々してある。」のように紛らわしいケースもたくさんあります。

「なりたり」の「たり」は、動作が完了し存続している意味を表す助動詞で、「なってしまった」という意味になります。

059 死ぬことを 持薬をのむが ごとくにも 我はおもへり 心いためば
  しぬことを じやくをのむが ごとくにも われはおもえり こころいためば
  死ぬことを、まるで持薬を飲むように思いました。心がいたんだので。

参照 http://asahidake-n.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-02a4.html

060 路端に 犬ながながと あくびしぬ われも真似しぬ うらやましさに
  みちばたに いぬながながと あくびしぬ われもまねしぬ うらやましさに
    道端に犬がながながとあくびをした 私も真似した うらやましさに

061 真剣になりて竹もて犬を撃つ 小児の顔を よしと思へり
  しんけんに なりてたけもて いぬをうつ しょうにのかおを よしとおもえり
  真剣になって竹棒で犬を撃っている小児の顔を、いいと思った

062 ダイナモの 重き唸りのここちよさよ あはれこのごとく物を言はまし
  だいなもの おもきうなりの ここちよさよ あわれこのごとく ものをいわまし
  発電機の重たい唸り声の心地よさよ。あわれ。こんなふうに、物を言いたいものだ

063 剽軽の 性なりし友の 死顔の 青き疲れが いまも目にあり
  ひょうきんの さがなりしともの しにがおの あおきつかれが いまもめにあり
  ひょうきんな性格だった友の死に顔の青い疲れが、いまも目に残っている

064 気の変る 人に仕えて つくづくと わが世がいやに なりにけるかな
    気の変わる人に仕えて、つくづくとわが世がいやになってしまったな

065 龍のごとく むなしき空に 躍り出でて 消えゆく煙 見れば飽かなく
  りょうのことく むなしきそらに おどりいでて きえゆくけむり みればあかなく
  竜のように虚空に躍り出て、むなしく消えてゆく煙、見ていて飽きない

066 こころよき 疲れなるかな 息もつかず 仕事をしたる 後のこの疲れ
    こころよい疲れだなあ 息もつかず仕事をした後のこの疲れ

067 空寝入 生あくびなど なぜするや 思ふこと人に さとらせぬため
  そらねいに なまあくびなど なぜするや おもうことひとに さとらせぬため
    空寝入りや生欠伸などをなぜするのか。思うことを人にさとらせぬためよ。

068 箸止めて ふつと思ひぬ やうやくに 世のならはしに 慣れにけるかな
    箸を止めてふっと思った ようやく世間のならわしに慣れたんだなあ

069 朝はやく 婚期を過ぎし妹の 恋文めける文を読めりけり
  あさはやく こんきをすぎし いもうとの こいぶみめける ふみをよめりけり
  朝早く婚期を過ぎた妹の 恋文のような文を読みましたのでした

070 しっとりと 水を吸ひたる 海綿の 重さに似たる心地おぼゆる
  しっとりと みずをすいたる かいめんの おもさににたる ここちおぼゆる
  しっとりと水を吸った海綿の重さに似た心地を覚えました

071 死ね死ねと 己を怒り もだしたる 心の底の暗きむなしさ
  しねしねと おのれをいかり もだしたる こころのそこの くらきむなしさ
  死ね死ねと、おのれを怒り、黙った。心の底の暗いむなしさ。

説明 もだす=だまる

参考 http://asahidake-n.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-3d72.html

072 けものめく 顔あり口を あけたてす とのみ見てゐぬ 人の語るを
  けものめく かおありくちを あけたてす とのみみていぬ ひとのかたるを
  けもののような顔がある、口を開け閉めしている、とのみ見ていた、人が語るのを

説明 あけたてす=開け閉てす

参考 http://asahidake-n.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-84d3.html

073 親と子と はなればなれの 心もて 静かに対ふ 気まづきや何ぞ
  おやとこと はなればなれの こころもて しずかにむかう きまづきやなぞ
  親と子が離れ離れの心でもって静かに向かい合う、気まずいのは、何で

参考 http://asahidake-n.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-b814.html

074 かの船の かの航海の 船客の 一人にてありき 死にかねたるは
  かのふねの こうかいの せんかくの ひとりにてありき しにかねたるは
  彼の船の彼の航海の船客の一人でした。死にかねたのは。

参考 http://asahidake-n.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-03a0.html

075 目の前の 菓子皿などを かりかりと 噛みてみたくなりぬ もどかしきかな
  めのまえの かしざらなどを かりかりと かみてみたくなりぬ もどかしきかな
  目の前の菓子皿などを、かりかりと、噛んでみたくなった、もどかしいなあ

076 よく笑ふ 若き男の 死にたらば すこしはこの世 さびしくもなれ
  よくわらう わかきおとこの しにたらば すこしはこのよ さびしくもなれ
  よく笑う若い男が死んだなら、少しは、この世、さびしくなれよ

077 何がなしに 息きれるまで 駆け出して みたくなりたり 草原などを
  なにがなしに いききれるまで かけだして みたくなりたり くさはらなどを
  何んとなしに、息がきれるまで、駆け出してみたくなった、草原などを

078 あたらしき 背広など着て 旅をせむ しかく今年も思ひ過ぎたる
  あたらしき せびれなどきて たびをせむ しかくことしも おもいすぎたる
  新しい背広など着て、旅をしよう、そう今年も思い、過ぎてしまった

079 ことさらに 燈火を消して まぢまぢと 思ひてゐしは わけもなきこと
  ことさらに ともしびをけして まじまじと おもいていしは わけもなきこと
  ことさらに、明かりを消して、まじまじと思っていたのは、たわいもないこと

080 浅草の 凌雲閣のいただきに 腕組みし日の 長き日記かな
  あさくさの りょううんかくの いただきに うでくみしひの ながきにきかな
  浅草の凌雲閣の頂上で、腕組んだ日の、長い日記だ

081 尋常の おどけならむや ナイフ持ち 死ぬまねをする その顔その顔
  じんじょうの おどけならむや ないふもち しぬまねをする そのかおそのかお
  尋常のおどけでしょうか、ナイフを持って死ぬまねをする、その顔だ、その顔だ

説明 啄木は、金田一さんの部屋にナイフを持って行き、芝居の人殺しの真似をし、金田一さんは、
 部屋の外に逃げ出しました。後で、啄木の部屋で、二人があった時、どちらも、あきれた顔で、顔を合わしました。

082 こそこその 話がやがて 高くなり ピストル鳴りて 人生終る
  こそこその はなしがやがて たかくなり ぴすとるなりて じんせいおわる
  こそこその話がやがて高くなり、ピストルが鳴って人生終わる

083 時ありて 子供のやうに たはむれす 恋ある人の なさぬ業かな
    時によっては こどものようにたわむれをする 恋ある人のしない業だな

084 とかくして家を出づれば 日光のあたたかさあり 息ふかく吸ふ
  とかくして いえをいづれば にっこうの あたたかさあり いきふかくすう
  あれこれして家を出たら、日光の暖かさがあって、息を深く吸う

説明 兎角(とかく)す=あれこれする

085 つかれたる 牛のよだれは たらたらと 千万年も尽きざるごとし
  つかれたる うしのよだれは たらたらと せんまんねんも つきざるごとし
  疲れた牛のよだれは、たらたらとして、千万年も尽きないようだ


086 路傍の 切石の上に 腕拱みて 空を見上ぐる男ありたり
  みちばたの きりいしのうえに うでくみて そらをみあぐる おとこありたり
  みちばたの切り石の上で、腕を組んで、空を見上げる男がいたよ 


087 何やらむ 穏かならぬ 目付して 鶴嘴を打つ 群を見てゐる
  なにやらむ おだやかならぬ めつきして つるはしをうつ むれをみている
  なんだろう、穏やかでない目つきして、鶴嘴を打つ人たちの群れをみている


088 心より 今日は逃げ去れり 病ある獣のごとき 不平逃げ去れり
  こころより きょうはにげされり やまいある けもののごとき ふへいにげされり
  心から今日は逃げ去ってしまった。病気の獣のような不平が逃げ去った。

089 おほどかの 心来たれり あるくにも 腹に力の たまるがごとし
    おおらかな心が来たよ 歩くにも腹に力がたまるようだ

090 ただひとり 泣かまほしさに 来て寝たる 宿屋の夜具の こころよさかな
    ただひとり泣きたさに来て寝た宿屋の夜具の心地よいことよ

説明 「泣かまほし」の「まほし」は、動作や状態を実現したいという気持ちを表す助動詞で、「泣きたい」という意味になります。

091 友よさは 乞食の卑しさ 厭ふなかれ 餓ゑたる時は 我も爾りき
  ともよさは こじきのいやしさ いとうなかれ うえたるときは われもしかりき
  友よ、乞食の卑しさを嫌うな、飢えたときは、私もそうだった


092 新しきインクのにほひ 栓抜けば 餓ゑたる腹に 沁むがかなしも
  あたらしき いんくのにおい せんぬけば うえたるはらに しむがかなしも
  新しいインクのにおいが、栓を抜くと、飢えた腹に、しみてくるのが悲しい


093 かなしきは 喉のかわきをこらへつつ 夜寒の夜具にちぢこまる時
  かなしきは のどのかわきを こらえつつ よさむのやぐに ちぢこまるとき
  悲しいのは、喉の渇きをこらえながら、夜寒の夜具に、縮こまる時だ


094 一度でも我に頭を下げさせし 人みな死ねと いのりてしこと
  いちどでも われにあたまを さげさせし ひとみなしねと いのりてしこと
  一度でも私に頭を下げさせた人は、皆死ねと、祈ったことがある

説明 祈りてしこと=祈り+て(完了の助動詞「つ」の連用形)れし(過去の助動詞「き」の連体形)

095 我に似し 友の二人よ 一人は死に 一人は牢を出でて今病む
  われににし とものふたりよ ひとりはしに ひとりはろうを いでていまやむ
  私に似た二人の友よ、一人は死に、一人は牢をでて今病気だ


096 あまりある 才を抱きて 妻のため おもひわづらふ友をかなしむ
  あまりある さいをいだきて つまのため おもいわづらう ともをかなしむ
  余りある才能を抱いて、妻の為に思い患っている友を、悲しく思う


097 打明けて語りて 何か損をせしごとく思ひて 友とわかれぬ
  うちあけて かたりてなにか そんをせし ごとくおもって ともとわかれぬ
  打ち明けて語って、何か損をしたように思って、友と別れた


098 どんよりと くもれる空を 見てゐしに 人を殺したく なりにけるかな
  どんよりと くもれるそらを みていしに ひとをころしたく なりにけるかな
  どんよりと曇った空を見ていたが、人を殺したくなってしまったよ


099 人並の 才に過ぎざる わが友の 深き不平も あはれなるかな
  ひとなみの さいにすぎざる わがともの ふかきふへいも あわれなるかな
  人並みの才能に過ぎない我が友の、深い不平も、あわれなものだ


100 誰が見ても とりどころなき男来て 威張りて帰りぬ かなしくもあるか
  たれがみても とりどころなき おとこきて いばりてかえりぬ かなしくもあるか
  誰が見てもとりえのない男が着て、威張って返った、悲しいことではないか

101 はたらけど はたらけど猶 わが生活 楽にならざり ぢつと手を見る
  はたらけど はたらけどなお わがくらし らくにならざり じっとてをみる
    はたらいても、はたらいてもなお、私の生活は楽にならない。じっと、手を見る

説明 「はたらけど」の「ど」は助詞で、口語の「ても」なので、「はたらいても」の意になります。

「楽にならざり」の「ざり」は、文語として少し、問題があります。

否定の助動詞「ず」は、他の言葉への接続が不便なため、動詞の「あり」が結合して、
ざら、ざり、○、ざる、ざれ、ざれ と活用しますが、終止形は「ず」で問題がないので、
終止形の「ざり」は、用いられてきませんでした。

ここでは、「楽にならざり」は、「楽にならず」と同じ意味だとしておきましょう。

102 何もかも 行末の事みゆるごとき このかなしみは 拭ひあへずも
  なにもかも ゆくすえのこと みゆるごとき このかなしみは ぬぐいあえずも
  何もかも行く末の事が見えるようだ、この悲しみは、ぬぐうことができないなあ


103 とある日に 酒をのみたくてならぬごとく 今日われ切に 金を欲りせり
  とあるひに さけをのみたくて ならぬごとく きょうわれせちに かねをほりせり
  とある日に、酒を飲みたくてならないように、今日私は、切に、金を欲しがりました

説明 欲(ほ)りす=欲しがる

104 水晶の 玉をよろこび もてあそぶ わがこの心 何の心ぞ
    水晶玉をよろこんでもてあそぶ 私のこの心 何の心か

105 事もなく 且つこころよく 肥えてゆく わがこのごろの 物足らぬかな
    何事もなく かつ快く肥えてゆく 私のこのごろの 物足らないことよ

106 大いなる 水晶の玉を ひとつ欲し それにむかひて 物を思はむ
    大きな水晶の玉がひとつ欲しい それにむかって物を思いたい

107 うぬ惚ぼるる 友に合槌うちてゐぬ 施与をするごとき心に
  うぬぼるる ともにあいづち うちていぬ ほどこしをする ごときこころに
  うぬぼれている友に相槌うっていた、施しをするような心で


108 ある朝の かなしき夢の さめぎはに 鼻に入り来し 味噌を煮る香よ
  あるあさの かなしきゆめの さめぎわに はなにいりきし みそをにるかよ
  ある朝の悲しい夢のさめぎわに、鼻に入ってきた味噌を煮る香よ


109 こつこつと 空地に石をきざむ音 耳につき来ぬ 家に入るまで
  こつこつと あきちにいしを きざむおと みみにつききぬ いえにいるまで
  こつこつと空き地で石をきざむ音が、耳についてきた、家に入るまで


110 何がなしに 頭のなかに 崖ありて 日毎に土の くづるるごとし
  なにがなしに あたまのなかに がけありて ひごとにつちの くずるるごとし
  何んとなしに、頭の中に崖があって、日ごとに土が崩れていくようだ


111 遠方に 電話の鈴の鳴るごとく 今日も耳鳴る かなしき日かな
  えんぽうに でんわのりんの なるごとく きょうもみみなる かなしきひかな
  遠方に電話のベルが鳴るように、今日も、耳鳴りがする、悲しい日だな


112 垢じみし 袷の襟よ かなしくも ふるさとの胡桃 焼くるにほひす
  あかじみし あわせのえりよ かなしくも ふるさとのくるみ やくるにおいす
  垢じみた袷の襟よ、悲しいことに、古里のクルミを焼いたにおいがする


113 死にたくて ならぬ時あり はばかりに人目を避さけて 怖き顔する
  しにたくて ならぬときあり はばかりに ひとめをさけて こわきかおする
  死にたくてならないときがある、便所に人目を避けて、怖い顔をする


114 一隊の兵を見送りて かなしかり 何ぞ彼等の うれひ無げなる
  いったいの へいをみおくりて かなしかり なにぞかれらの うれいなげなる
  兵を一隊見送って、悲しかった、何で、彼らは、憂いがなさそうなのだ


115 邦人の 顔たへがたく 卑しげに 目にうつる日なり 家にこもらむ
  くにびとの かおたえがたく いやしげに めにうつるひなり いえにこもらむ
  邦人の顔がたえがたく卑しげに目に映る日だった、家にこもろう


116 この次の 休日に一日寝てみむと 思ひすごしぬ 三年このかた
  このつぎの やすみにいちにち ねてみむと おもいすごしぬ みとせこのかた
  この次の休日に一日中寝てみようと、思っていて過ごした、この三年間


117 或る時の われのこころを 焼きたての 麺麭に似たりと思ひけるかな
  あるときの われのこころを やきたての ぱんににたりと おもいけるかな
  或る時の私の心が、焼きたてのパンに似ていると思ったのでした

118 たんたらたら たんたらたらと 雨滴が 痛むあたまに ひびくかなしさ
  たんたらたら たんたらたらと あまだれが いたむあたまに ひびくかなしさ
    たんたらたら たんたらたらと 雨垂れが 痛むあたまにひびく悲しさ

119 ある日のこと 室の障子を はりかえぬ その日はそれにて 心なごみき
  あるひのこと へやのしょうじを はりかえぬ そのひはそれにて こころなごみき
    ある日のこと部屋の障子をはりかえた その日はそれにて心がなごんだ

120 かうしては居られずと思ひ 立ちにしが 戸外に馬の嘶きしまで
  こうしては おられずとおもい たちにしが おもてにうまのいななきしまで
  こうしてはいられないと思い、立ったのだが、外に馬がいなないただけだ


121 気ぬけして 廊下に立ちぬ あららかに 扉を推せしに すぐ開きしかば
  きぬけして ろうかにたちぬ あららかに どあをおせしに すぐあきしかば
  気が抜けて、廊下に立った、荒々しくドアを押したら、すぐに開いたので


122 ぢっとして 黒はた赤のインク吸ひ 堅くかわける 海綿を見る
  じっとして くろはたあかのいんくすい かたくかわける かいめんをみる
  じっとして、黒、はたまた赤のインクを吸う、固く乾いた海綿を見る

123 誰が見ても われをなつかしく なるごとき 長き手紙を 書きたき夕
  たれがみても われをなつかしく なるごとき ながきてがみを かきたきゆうべ
    誰が見ても私をなつかしくなるような長い手紙を書きたい夕べ

124 うすみどり 飲めば身体からだが水のごと透すきとほるてふ 薬はなきか
  うすみどり のめばからだが みずのごと すきとおるてふ くすりはなきか
  うすみどりで、飲むと体が水のように透き通るという薬はないか


125 いつも睨む ラムプに飽きて 三日ばかり 蝋燭の火に したしめるかな
  いつもにらむ ランプにあきて みかばかり ろうそくのひに したしめるかな
  いつも睨んでいるランプに飽きて、三日ばかり、ろうそくの火に、したしんだかな


126 人間のつかはぬ言葉 ひょっとして われのみ知れる ごとく思ふ日
  にんげんの つかわぬことば ひょっとして われのみしれる ごとくおもうひ
  人間の使わない言葉、ひょっとして、私のみ知っているかのように思う日だ

127 あたらしき 心もとめて 名も知らぬ 街など今日も さまよひて来ぬ
    新しい心を求めて 名も知らぬ街などを 今日もさまよって来た

128 友がみな われよりえらく 見ゆる日よ 花を買ひ来て 妻としたしむ
    友がみんな私より偉く見える日よ 花を買って来て 妻と親しむ

129 何すれば 此処に我ありや 時にかく打驚きて 室を眺むる
  なにすれば ここにわれありや ときにかく うちおどろきて へやをながむる
  何をすると、ここに私があるのか、時々こんなに驚いて、部屋を眺める


130 人ありて 電車のなかに 唾を吐く それにも 心いたまむとしき
  ひとありて でんしゃのなかに つばをはく それにも こころいたまんとしき
  人がいて電車の中に唾を吐いた、それにも、心が傷つこうとした


131 夜明けまで あそびてくらす 場所が欲し 家をおもへば こころ冷たし
  よあけまで あそびてくらす ばしょがほし いえをおもえば こころつめたし
  夜明けまで、遊んで暮らす場所が欲しい、家のことを思うと心が寒い

132 人みなが 家を持つてふ かなしみよ 墓に入るごとく かへりて眠る
    人がみな家庭を持つという悲しみよ 墓に入るように帰って眠る

133 何かひとつ 不思議を示し 人みなの おどろくひまに 消えむと思ふ
    何かひとつ不思議を示して 人がみなおどろく間に消えたいと思う

134 人といふ人のこころに 一人づつ囚人がゐて うめくかなしさ
  ひとという ひとのこころに ひとりづつ しゅうじんがいて うめくかなしさ
  どんな人の心にも 一人ずつ囚人がいて 呻いている悲しさ

135 叱られて わつと泣き出す 子供心 その心にも なりてみたきかな
    叱られてわっと泣き出す子供心 その心にもなってみたいな

136 盗むてふ ことさへ悪しと 思ひえぬ 心はかなし かくれ家もなし
  ぬすむてふ ことさえあしと おもいえぬ こころはかなし かくれがもなし
  盗むということすら悪いと思うことができない心が悲しい。隠れ家もない。


137 放たれし 女のごときかなしみを よわき男の 感ずる日なり
  はなたれし おんなのごとき かなしみを よわきおとこの かんずるひなり
  放たれた女のような悲しみを、弱い男が感じる日です


138 庭石に はたと時計をなげうてる 昔のわれの 怒りいとしも
  にわいしに はたととけいを なげうてる むかしのわれの いかりいとしも
  庭石に、ぱしっと時計を投げ打った 昔の私の怒りが愛しい

説明 はたと は、はったと、ぽんと、ぱしっと

139 顔あかめ 怒りしことが あくる日は さほどにもなきを さびしがるかな
    顔を赤めて怒ったことが あくる日には さほどにもないことを さびしがるよ

140 いらだてる 心よ汝は かなしかり いざいざすこし あくびなどせむ
  いらだてる こころよなれは かなしかり いざいざすこし あくびなどせむ
  いらだっている心よ、汝は、悲しいのだな、いざいざ、少しあくびなどしてみよう。

説明 かなしかり は、形容詞 かなし のカリ活用で、悲しくあり が、悲しかり と変化したと考えられます

141 女あり わがいひつけに背かじと心を砕く 見ればかなしも
  おんなあり わがいいつけに そむかじと こころをくだく みればかなしも
  女がいる、私のいいつけにそむくまいと、心を砕いている、それを見るといとおしい

説明 女 は、この場合 妻のこと

142 ふがひなき わが日の本の女等を 秋雨の夜に ののしりしかな
  ふがいなき わがひのもとの おんならを あきさめのよに ののしりしかな
  ふがいないわが日本の女達を、秋雨の夜、ののしりました

143 男とうまれ 男と交り 負けてをり かるがゆゑにや秋が身に沁む
  おとことうまれ おとことまじり まけており かるがゆゑにや わがみにしむ
  男として生まれ、男と交際し、負けている、しかるがゆえに、我が身に沁むる

144 わが抱く思想はすべて 金なきに 因するごとし 秋の風吹く
  わがいだく しそうはすべて かねなきに いんするごとし あきのかぜふく
  私が抱く思想はみんな、金がないことに起因するようだ、秋風が吹く

145 くだらない小説を書きて よろこべる 男憐れなり 初秋の風
  くだらない しょうせつをかきて よろこべる おとこあわれなり はつあきのかぜ
  下らない小説を書いて喜んでいる男、あわれです、初秋の風

146 秋の風 今日よりは彼のふやけたる 男に口を 利かじと思ふ
  あきのかぜ きょうよりはかの ふやけたる おとこにくちを きかじとおもう
  秋風の今日から、あのふやけた男には、口をきくまいと思う

147 はても見えぬ 真直の街をあゆむごとき こころを今日は持ちえたるかな
  はてもみえぬ ますぐのまちを あゆむごとき こころをきょうは もちえたるかな
  果てが見えない真っすぐの街を歩くような心を、今日は持つことができたかな

148 何事も 思ふことなく いそがしく 暮らせし一日を 忘れじと思ふ
  なにごとも おもうことなく いそがしく くらせしひとひを わすれじとおもう
  何も思うことなく、忙しく暮らした一日を、忘れまいと思う

149 何事も 金金とわらひ すこし経て またも俄かに 不平つのり来
  なにごとも かねかねとわらい すこしへて またもにわかに ふへいつのりく
  何事も、金、金と笑い、すこし経て、またも俄かに、不平がつのって来る

150 誰そ我に ピストルにても 撃てよかし 伊藤のごとく 死にて見せなむ
  たそわれに ピストルにても うてよかし いとうのごとく しにてみせなむ
  誰か私に、ピストルででも撃ってくれ。伊藤のように死んで見せましょう。

151 やとばかり 桂首相に 手とられし 夢みて覚めぬ 秋の夜の二時
  やとばかり かつらしゅしょうに てとられし ゆめみてさめぬ あきのよのにじ
  えいや とばかり、桂首相に手をとられた夢をみて、覚めた。秋の夜の二時

  152 - 252

152 病のごと 思郷のこころ 湧く日なり 目にあおぞらの 煙かなしも
  やまいのごと しきょうのこころ わくひなり めにあおぞらの けむりかなしも
    病気のように故郷を思う心が湧く日です。目に青空の煙が悲しいことよ。

説明 「病のごと」の「ごと」は、「〜のたび」とも解釈できると思いますが、
「ごとし」の「し」が省略されたとして「〜のごとく」と解釈されているようです。

最後の「悲しも」の「も」は、詠嘆をあらわす終助詞で、「悲しいことよ」という意味になります。

153 己が名を ほのかに呼びて 涙せし 十四の春にかへる術(すべ)なし
   
自分の名を仄かに呼んで涙した十四の春にかえる術がない

説明 「涙せし」の「せ」は動詞「す」の連用形、「し」は過去を表す助動詞「き」の連体形で、「涙した春」となります。

154 青空に 消えゆく煙 さびしくも 消えゆく煙 われにし似るか
    青空に消えていく煙 さびしくも消えていく煙 私に似ているか

155 かの旅の 汽車の車掌が ゆくりなくも 我が中学の 友なりしかば
  かの旅の、汽車の車掌が 思いがけなくも 我が中学の 友だったよ

説明 ゆくりなし=〇廚いけない、突然である 不用意である、軽はずみである

156 ほとばしる ポンプの水の 心地よさよ しばしは若き こころもてみる
  ほとばしるポンプの水の心地よさよ しばらくは若い心で眺める

157 師も友も 知らで責めにき 謎に似る 我が学業の おこたりの因
  しもともも しらでせめにき なぞににる わががくぎょうの おこたりのもと

158 教室の 窓より遁げて ただ一人 かの城址(しろあと)に 寝に行きしかな
    教室の窓から逃げて ただ一人 あの城跡に寝に行ったものだ

159 不来方(こずかた)の お城の草に 寝ころびて 空に吸われし 十五の心
    不来方のお城の草に寝転んで 空に吸われた十五の心

説明 不来方は、岩手県盛岡市

160 かなしみと いはばいふべき 物の味 我の嘗めしは あまりに早かり
  かなしみと いわばいうべき もののあじ われのなめしは あまりにはやかり

161 晴れし空 仰げばいつも 口笛を 吹きたくなりて 吹きてあそびき

162 夜寝ても 口笛吹きぬ 口笛は 十五の我の 歌にしありけり

163 よく叱る 師ありき髭の 似たるより 山羊と名づけて 口真似もしき
  よく叱る師がいた。髭が似ているので、山羊と名付けて、口真似もした

164 われと共に 小鳥に石を 投げて遊ぶ 後備大尉の子もありしかな
  われとともに ことりにいしを なげてあそぶ こうびたいいの こもありしかな

165 城址の 石に腰掛け 禁制の 木の実をひとり 味しこと
  しろあとの いしにこしかけ きんせいの このみをひとり あじわいしこと

166 その後に 我を捨てし友も あの頃は 共に書読み ともに遊びき
  そののちに われをすてししもも あのころは ともにふみよみ ともにあそびき

167 学校の図書庫の裏の 秋の草 黄なる花咲きし 今も名知らず
  がっこうの としょぐらのうらの あきのくさ きなるはなさきし いまもなしらず

168 花散れば 先づ人さきに 白の服 着きて家出づる 我にてありしか
  はなちれば まずひとさきに しろのふく きていういづる われにてありしか

169 今は亡き 姉の恋人の おとうとと なかよくせしを かなしと思ふ
  いまはなき あねのこいびとの おとうとと なかよくせしを かなしとおもう

170 夏休み 果ててそのまま かへり来ぬ 若き英語の 教師もありき
  なつやすみ はててそのまま かえりこぬ わかきえいごの きょうしもありき

171 ストライキ 思ひ出でても 今は早や 吾が血躍らず ひそかに淋し
  すとらいき おもいいでても いまははや わがちおどらず ひそかにさびし

172 盛岡の 中学校の バルコンの 欄干に最一度 我を倚らしめ
  もりおかの ちゅうがっこうの ばるこんの てすりにもいちど われをよらしめ

173 神有りと 言ひ張る友を 説きふせし かの路傍の 栗の樹の下
  かみありと いいはるともを ときふせし かのみちばたの くりのきのもと
  神ありと言い張る友を説き伏せた かの道端の栗の樹の下

174 西風に 内丸大路の 桜の葉 かさこそ散るを 踏みてあそびき
  にしかぜに うちまるおおじの さくらのは かさこそちるを ふみてあそびき

175 そのかみの 愛読の書よ 大方は 今は流行らず なりにけるかな
  そのかみの あいどくのしょよ おおかたは いまははやらず なりにけるかな

176 石ひとつ 坂をくだるが ごとくにも 我けふの日に 到り着きたる
  いしひとつ さかをくだるが ごとくにも われきょうのひに いたりつきたる

177 愁ひある 少年の眼に 羨みき 小鳥の飛ぶを 飛びてうたふを
  うれいある しょうねんのめに うらやみき ことりのとぶを とびてうたうを

178 解剖せし 蚯蚓のいのちも かなしかり かの校庭の 木柵の下
  ふわけせし みみずのいのちも かなしかり かのこうていの もくさくのもと

179 かぎりなき知識の慾に 燃ゆる眼を 姉は傷みき 人恋ふるかと
  かぎりなき ちしきのよくに もゆるめを あねはいたみき ひとこうるかと

180 蘇峯の書を 我に薦めし 友早く 校を退きぬ まづしさのため
  そほうのしょを われにすすめし ともはやく こうをしりぞきぬ まずしさのため

181 おどけたる 手つきをかしと 我のみは いつも笑ひき 博学の師を
  おどけたる てつきおかしと われのみは いつもわらいき はくがくのしを

182 自が才に身をあやまちし人のこと かたりきかせし 師もありしかな
  じがさいに みをあやまちし ひとのこと かたりきかせし しもありしかな

183 そのかみの 学校一のなまけ者 今は真面目に はたらきて居り
  そのかみの がっこういちの なまけもの いまはまじめに はたらきており

184 田舎めく 旅の姿を 三日ばかり 都に曝し かへる友かな
  いなかめく たびのすがたを みっかばかり みやこにさらし かえるともかな

185 茨島の 松の並木の街道を われと行きし少女 才をたのみき
  ばらじまの まつのなみきの かいどうを われとゆきしおとめ さいをたのみき

186 眼を病みて 黒き眼鏡を かけし頃 その頃よ一人 泣くをおぼえし
  めをやみて くろきめがねを かけしころ そのころよひとり なくをおぼえし

187 わがこころ けふもひそかに 泣かむとす 友みな己が 道をあゆめり
  わがこころ きょうもひそかに なかむとす ともみなおのが みちをあゆめり

188 先んじて恋のあまさと かなしさを 知りし我なり 先んじて老ゆ
  さきんじて こいのあまさと かなしさを しりしわれなり さきんじておゆ

189 興来れば 友なみだ垂れ 手を揮りて 酔漢のごとく なりて語りき
  きょうきたれば ともなみだたれ てをふりて よいどれのごとく なりてかたりき

190 人ごみの 中をわけ来くる わが友の むかしながらの 太き杖かな
  ひとごみの なかをわけくる わがともの むかしながらの ふときつえかな

191 見よげなる 年賀の文を書く人と おもひ過ぎにき 三年ばかりは
  みよげなる ねんがのふみを かくひとと おもいすぎにき みとせばかりは

192 夢さめて ふっと悲しむ わが眠り 昔のごとく 安からぬかな
  ゆめさめて ふっとかなしむ わがねむり むかしのごとく やすからぬかな

193 そのむかし 秀才の名の 高かりし 友牢にあり 秋のかぜ吹く
  そのむかし しゅうさいのなの たかかりし ともろうにあり あきのかぜふく
  その昔、秀才の名の高かった友が牢にいる。秋風が吹く

194 近眼にて おどけし歌をよみ出でし 茂雄の恋も かなしかりしか
  ちかめにて おどけしうたを よみいでし しげおのこいも かなしかりしか

195 わが妻の むかしの願ひ 音楽の ことにかかりき 今はうたはず
  わがつまの むかしのねがい おんがくの ことにかかりき いまはうたわず

196 友はみな 或日四方に 散り行きぬ その後八年 名挙げしもなし
  ともはみな あるひしほうに ちりゆきぬ そののちやとせ なあげしもなし

197 わが恋を はじめて友に うち明けし 夜のことなど 思ひ出づる日
  わがこいを はじめてともに うちあけし よるのことなど おもいいづるひ

198 糸切れし 紙鳶のごとくに 若き日の 心かろくも とびさりしかな
  いときれし たこのごとくに わかきひの こころかろくも とびさりしかな

199 ふるさとの 訛りなつかし 停車場の 人ごみの中に そを聴きにゆく
    故郷の訛りがなつかしい、停車場の人ごみのなかに、それを聴きにいく

説明 「なつかし」は、口語では「なつかしい」です。口語を使うと字余りになります。

200 やまひある 獣のごとき わがこころ ふるさとのこと 聞けばおとなし
    病ある獣のような私の心 ふるさとのことを聞けばおとなしい

201 ふと思ふ ふるさとにゐて 日毎聴きし 雀の鳴くを 三年聴かざり
  ふとおもう ふるさとにいて ひごとききし すずめのなくを みとせきかざり

202 亡くなれる 師がその昔 たまひたる 地理の本など 取りいでて見る
  なくなれる しがそのむかし たまいたる ちりのほんなど とりいでてみる

203 その昔 小学校の 柾屋根に 我が投げし鞠 いかにかなりけむ
  そのむかし しょうがっこうの まさやねに わがなげしまり いかにかなりけむ

204 ふるさとの かの路傍のすて石よ 今年も草に 埋もれしらむ
  ふるさとの かのみちばたの すていしよ ことしもくさに うずもれしらむ

205 わかれをれば 妹いとしも 赤き緒の 下駄など欲しと わめく子なりし
  わかれおれば いもといとしも あかきおの げたなどほしと わめくこなりし

206 二日前に 山の絵見しが 今朝になりて にはかに恋し ふるさとの山
  ふつかまえに やまのえみしが けさになりて にわかにこいし ふるさとのやま
  二日前に山の絵を見たが 今朝になって にわかに恋しい 故郷の山

207 飴売うりの チャルメラ聴けば うしなひし をさなき心 ひろへるごとし
  あめうりの ちゃるめらきけば うしないし おさなきこころ ひろえるごとし
  飴売りの チャルメラを聴くと 失った幼い心を 拾ったかのようだ

208 このごろは 母も時時 ふるさとのことを言ひ出いづ 秋に入れるなり
  このごろは ははもときどき ふるさとの ことをいいいづ あきにいれるなり
  この頃は 母も時々 故郷の ことを言いだす 秋に入ったなあ

209 それとなく 郷里のことなど 語り出でて 秋の夜に焼く 餅のにほひかな
  それとなく くにのことなど かたりいでて あきのよにやく もちのにおいかな
  それとなく故郷のことなど語り出して 秋の夜に焼く 餅のにおいかな

210 かにかくに 渋民村は 恋しかり おもいでの山 おもいでの川
    あれこれと 渋民村は恋しいです おもいでの山 おもいでの川

説明 「かにかくに」は、「あれこれと、いろいろと」という意味です。

「とにかく」という言葉は現在も生き残っていますが、同じ意味のようです。

「恋しかり」は、「恋し」という形容詞に動詞「あり」がつながって、「恋しからず」のような否定形を作るのですが、
終止形の「恋しかり」は昔は使いませんでした。
ここでは、終止形として使っているようですが、詳しいことは私もわかりません。

211 田も畑も 売りて酒のみ ほろびゆくふるさと人に 心寄する日
  たもはたも うりてさけのみ ほろびゆく ふるさとびとに こころよするひ
  田も畑も売って 酒を飲んで滅んで行く 故郷の人に 心を寄せる日

212 あはれかの我の教へし 子等もまた やがてふるさとを 棄てて出づるらむ
  あわれかの われのおしえし こらもまた やがてふるさとを すてていづるらむ
  あわれだ、あの私が教えた子等もまた、やがて故郷を捨てて出るのだろう

213 ふるさとを 出で来し子等の 相会ひて よろこぶにまさるかなしみはなし
  ふるさとを いできしこらの あいあいて よろこぶにまさる かなしみはなし
  ふるさとを出てきた子等が 互いに会って 喜ぶにまさる 悲しみはない

214 石をもて 追はるるごとく ふるさとを 出でしかなしみ 消えるときなし
    石をもって追われるごとく ふるさとを出た悲しみは 消える時がない

215 やはらかに 柳あをめる 北上の 岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに
  やわらかに やなぎあおめる きたかみの きしべめにみゆ なけとごとくに
  やわらかく柳が青んだ北上の岸辺が 目に見える 泣けというかのように

216 ふるさとの 村医の妻の つつましき 櫛巻なども なつかしきかな
  ふるさとの そんいのつまの つつましさ くしまきなども なつかしきかな
  故郷の村医者の妻のつつましさよ くし巻きなども なつかしいことよ

217 かの村の 登記所に来て 肺病みて 間もなく死にし 男もありき
  かのむらの とうきしよにきて はいやみて まもなくしにし おとこもありき
  かの村の登記所に来て 肺を病んで 間もなく死んだ 男がいたなあ

218 小学の首席を我と争あらそひし 友のいとなむ 木賃宿かな
  しょうがくの しゅせきをわれと あらそいし とものいとなむ きちんやどかな
  小学校の首席を争った 友が営む 木賃宿だなあ

219 千代治等も 長じて恋し 子を挙げぬ わが旅にして なせしごとくに
  ちよじらも ちょうじてこいし こをあげぬ わがたびにして なせしごとくに

220 ある年の 盆の祭に 衣貸さむ 踊れと言ひし 女を思ふ
  あるとしの ぼんのまつりに きぬかさむ おどれといいし おんなをおもう

221 うすのろの 兄と不具の 父もてる 三太はかなし 夜も書読む
  うすのろの あにとかたわの ちちもてる さんたはかなし よるもふみよむ

222 我と共に 栗毛の仔馬 走らせし 母の無き子の 盗癖かな
  われとともに くりげのこうま はしらせし ははのなきこの ぬすみぐせかな

223 大形の 被布の模様の 赤き花 今も目に見ゆ 六歳の日の恋
  おおがたの ひふのもようの あかきはな いまもめにみゆ むつのひのこい

224 その名さへ 忘られし頃 飄然と ふるさとに来て 咳せし男
  そのなさえ わすれられしころ ひょうぜんと ふるさとにきて せきせしおとこ
  その名さえ 忘れられた頃 飄然と 古里に来て 咳をした男

225 意地悪の 大工の子なども かなしかり 戦に出でしが 生きてかへらず
  いじわるの だいくのこなども かなしかり いくさにいでしが いきてかえらず

226 肺を病む 極道地主の 総領の よめとりの日の 春の雷かな
  はいをやむ ごくどうじぬしの そうりょうの よめとりのひの はるのらいかな

227 宗次郎に おかねが泣きて 口説き居り 大根の花 白きゆふぐれ
  そうじろに おかねがなきて くどきおり だいこんのはな しろきゆうぐれ

228 小心の 役場の書記の 気の狂れし 噂に立てる ふるさとの秋
  しょうしんの やくばのしょきの きのふれし うわさにたてる ふるさとのあき

229 わが従兄 野山の猟に 飽きし後 酒のみ家売り 病みて死にしかな
  わがいとこ のやまのかりに あきしのち さけのみいえうり やみてしにしかな

230 我ゆきて 手をとれば泣きてしづまりき 酔ひて荒れしそのかみの友
  われゆきて てをとればなきて しずまりき えいてあばれし そのかみのとも 

231 酒のめば 刀をぬきて妻を逐ふ 教師もありき 村を遂はれき
  さけのめば かたなをぬきて つまをおう きょうしもありき むらをおわれき
  酒をのむと 刀を抜いて 妻を追う教師がいました 村を追われました

232 年ごとに肺病みの 殖えてゆく 村に迎へし 若き医者かな
  としごとに はいびょうやみの ふうてゆく むらにむかえし わかきいしゃかな

233 ほたる狩 川にゆかむといふ我を 山路にさそふ 人にてありき
  ほたるがり かわにゆかむと いうわれを やまじにさそう ひとにてありき

234 馬鈴薯の うす紫の花に降る 雨を思へり 都の雨に
  ばれいしょの うすむらさきの はなにふる あめをおもえり みやこのあめに

235 あはれ我がノスタルジヤは 金のごと 心に照れり清くしみらに
  あわれわが のすたるじやは きんのごと こころにてれり きよくしみらに

236 友として遊ぶものなき 性悪の 巡査の子等も あはれなりけり
  ともとして あそぶものなき しょうわるの じゅんさのこらも あわれなりけり

237 閑古鳥 鳴く日となれば 起こるてふ 友のやまひのいかになりけむ
  かんこどり なくひとなれば おこめちょう とものやまいの いかになりけむ

238 わが思ふこと おほかたは正ただしかり ふるさとのたより 着ける朝あしたは
  わがおもうこと おおかたはだしかり ふるさとのたより つけるあしたは

239 今日聞けば かの幸うすき やもめ人 きたなき恋に身を入るるてふ
  きょうきけば かのさちうすき やもめびと きたなきこいに みをいるるてふ

240 わがために なやめる魂をし づめよと 讃美歌うたふ 人ありしかな
  わがために なやめるたまを しずめよと さんびかうたう ひとありしかな

241 あはれかの 男のごときたましひよ 今は何処に 何を思ふや
  あわれかの おとこのごとき たましいよ いまはいずこに なにをおもうや

242 わが庭の 白き躑躅を 薄月の夜に 折りゆきしことな忘れそ
  わがにわの しろきつつじを うすづきの よに おりゆきし ことなわすれそ

243 わが村に 初めてイエス・クリストの道を説きたる 若き女かな
  わがむらに はじめていえす くりすとの みちをときたる わかきおんなかな 

244 霧ふかき 好摩の原の 停車場の 朝の虫こそすずろなりけれ
  きりふかき こうまのはらの ていしゃばの あさのむしこそ すずろなりけれ

245 汽車の窓 はるかに北に ふるさとの 山見え来れば 襟を正すも
  きしゃのまど はるかにきたに ふるさとの やまみえくれば えりをただすも

246 ふるさとの 土をわが踏めば 何がなしに足軽くなり 心重れり
  ふるさとの つちをわがふめば なにがなしに あしかろくなり こころおもれり

247 ふるさとに 入りて先ず 心痛むかな 道広くなり 橋もあたらし
    ふるさとに入ってまず 心が痛むことよ 道が広くなり 橋も新しい

248 見もしらぬ 女教師が そのかみの わが学舎の 窓に立てるかな
  みもしらぬ おんなきょうしが そのかみの わがまなびやの まどにたてるかな
  見も知らない女教師が、その当時の私の学び舎の、窓に立ったのですよ

説明 其の上 (そのかみ) は、そのころ、当時 の意

249 かの家の かの窓にこそ 春の夜を 秀子とともに 蛙聴きけれ
  かのいえの かのまどにこそ はるのよを ひでことともに かわずききけれ
  かの家のかの窓にこそ、春の夜、秀子と共に、カエルを聴いたなあ

説明 堀田秀子は、啄木が1906年に、故郷渋民で、代用教員をしていたときの同僚

250 そのかみの 神童の名の かなしさよ ふるさとに来て 泣くはそのこと
  そのかみの しんどうのなの かなしさよ ふるさとにきて なくはそのこと
  その当時の神童の名のかなしさよ 古里にきて 泣くのはそのこと

251 ふるさとの停車場路の 川ばたの 胡桃の下に小石拾へり
  ふるさとの ていしゃばみちの かわばたの くるみのしたに こいしひろえり
  古里の 停車場道の 川端の クルミの下に 小石を拾った

252 ふるさとの 山に向かひて 言ふことなし ふるさとの山は ありがたきかな
    ふるさとの山に向かって言うことがない ふるさとの山はありがたいな

説明 「言ふことなし」の「なし」ですが、文句なし(あり)、異議なし(異議あり)のように、
「なし」、「あり」 で結ぶ文語文章の軽快な力強さは捨てがたく、日常の会話でも、しばしば使われます。

 

秋風のこころよさに 253 - 303

253 ふるさとの 空遠みかも 高き屋に ひとりのぼりて 愁ひて下る
    ふるさとの空の遠いことよ 高い建物にひとり登って愁いて下りる

説明 「遠み」とは、「高み」と同じ語法で、「遠いところ」という意味ですが、
万葉集などで、「遠みかも」と詠われて、「遠すぎることよ」と解釈されています。

254 皎として 玉をあざむく 小人も 秋来といふに 物を思へり
  かうとして たまをあざむく しょうじんも あきくというに ものをおもえり

255 かなしきは 秋風ぞかし 稀にのみ 湧きし涙の 繁に流るる
  かなしきは あきかぜぞかし まれにのみ わきしなみだの しじにながるる

256 青に透く かなしみの玉に 枕して 松のひびきを 夜もすがら聴く
  あおにすく かなしみのたまに まくらして まつのひびきを よもすがらきく

257 神寂びし 七山の杉 火のごとく 染めて日入りぬ 静かなるかな
  かみさびし ななやまのすぎ ひのごとく そめてひいりぬ しずかなるかな

258 そを読めば 愁ひ知るといふ 書焚ける いにしへ人の 心よろしも
  そをよめば うれいしるという ふみたける いにしえびとの こころよろしも

259 ものなべてうらはかなげに 暮れゆきぬ とりあつめたる悲しみの日は
  ものなべて うらはかなげに くれゆきぬ とりあつめたる かなしみのひは

260 水潦 暮れゆく空と くれなゐの 紐を浮べぬ 秋雨の後
  みずたまり くれゆくそらと くれないの ひもをうかべぬ あきさめののち

261 秋立つは 水にかも似る 洗はれて 思ひことごと 新しくなる
  あきたつは みずにかもにる あらわれて おもいこととごと あたらしくなる

262 愁ひ来て 丘にのぼれば 名も知らぬ 鳥啄めり 赤き茨の実み
  うれいきて おかにのぼれば なもしらぬ とりついばめり あかきばらのみ

263 秋の辻 四すぢの路の 三すぢへと 吹きゆく風の あと見えずかも
  あきのつじ よすじのみちの みすじへと ふきゆくかぜの あとみえずかも

264 秋の声 まづいち早く 耳に入る かかる性持つ かなしむべかり
  あきのこえ まずいちはやく みみにいる かかるさがもつ かなしむべかり

265 目になれし 山にはあれど 秋来くれば 神や住まむと かしこみて見る
  めになれし やまにはあれど あきくれば かみやすまむと かしこみてみる

266 わが為さむこと 世に尽きて 長き日を かくしもあはれ物を思ふか
  わがなさむこと よりつきて ながきひを かくしもあわれ ものをおもうか

267 さらさらと 雨落ち来り 庭の面の 濡れゆくを見て 涙わすれぬ
  さらさらと あめおちきたり にわのもの ぬれゆくをみて なみだわすれぬ 

268 ふるさとの 寺の御廊に 踏みにける 小櫛の蝶を 夢にみしかな
  ふるさとの てらのみろうに ふみにける おぐしのちょうを ゆめにみしかな

269 こころみに いとけなき日の 我となり 物言ひてみむ人あれと思ふ
  こころみに いとけなきひの われとなり ものいいてみむ ひとあれとおもう

270 はたはたと 黍の葉鳴れる ふるさとの 軒端なつかし 秋風吹けば
  はたはたと きびのはなれる ふるさとの のきばなつかし あきかぜふけば

271 摩れあへる 肩のひまより はつかにも 見きといふさへ 日記に残れり
  すれあえる かたのひまより はつかにも みきというさえ にっきにのこれり

272 風流男は 今も昔も 泡雪の 玉手さし捲く 夜にし老ゆらし
  みやびおは いまもむかしも あわゆきの たまてさしまく よにしおゆらし 

273 かりそめに 忘れても見まし 石だたみ 春生ふる草に 埋るるがごと
  かりそめに わすれてもみまし いしだたみ はるおうるくさに うもるるがごと

274 その昔 揺籃に寝て あまたたび 夢にみし人か 切になつかし
  そのむかし ゆりかごにねて あまたたび ゆめにみしひとか せちになつかし

275 神無月 岩手の山の 初雪の 眉にせまりし 朝を思ひぬ
  かみなづき いわてのやまの はつゆきの まゆにせまりし あさをおもいぬ

276 ひでり雨 さらさら落ちて 前栽の 萩のすこしく乱れたるかな
  ひでりあめ さらさらおちて せんざいの はぎのすこしく みだれたるかな

277 秋の空 廓寥として 影もなし あまりにさびし 烏など飛べ
  あきのそら かくりょうとして かげもなし あまりにさびし からすなどとべ

説明 廓寥 ひろびろとしてからっぽなさま、もの寂しいさま

278 雨後の月 ほどよく濡れし 屋根瓦の そのところどころ光るかなしさ
  うごのつき ほどよくぬれし やねがわらの そのところどころ ひかるかなしさ

279 われ饑ゑて ある日に細き 尾を掉りて 饑ゑて我を見る犬の面よし
  われうえて あるひにほそき おをふりて うえてわれをみる いぬのつらよし

280 いつしかに 泣くといふこと 忘れたる 我泣かしむる 人のあらじか
    いつのまにか、泣くということを忘れてしまった私を、泣かせる人はいないのだろうか。

説明 「いつしかに」は、いつのまにかという意味の副詞「いつしか」に、時を示す格助詞「に」が加わり
「いつのまにかに」という意味を表します。

「忘れたる」の「たる」は、動作や状態が存続・完了したことを示す助動詞「たり」の連体形で、我を修飾し、
「忘れてしまった私」という意味になります。

 「泣かしむる」の「しむる」は、使役を表す助動詞「しむ」の連体形で、続く「人」にかかり、「泣かさせる人」という意味になります。

 「あらじ」の「じ」は、打消し推量を示す助動詞「じ」で、「(あら)ないだろう」という意味となり、
疑問や問いかけを表す格助詞「か」がついて、「ないだろうか」という意味となります。

281 汪然として ああ酒のかなしみぞ 我に来れる 立ちて舞ひなむ
  おうぜんとして ああさけの かなしみぞ われにきたれる たちてまいなむ


282 いとど鳴く そのかたはらの石に踞し 泣き笑ひして ひとり物言ふ
  いとどなく そのかたわらの いしにきょし なきわらいして ひとりものいう

283 力なく 病みし頃より 口すこし 開きて眠るが 癖となりにき
  ちからなく やみしころより くちすこし あきてねむるが くせとなりにき

284 人ひとり 得るに過ぎざる 事をもて 大願とせし 若きあやまち
  ひとひとり うるにすぎざる ことをもて たいがんとせし わすきあやまち

285 物怨ずる そのやはらかき 上目をば 愛づとことさらつれなくせむや
  ものえずる そのやわらかき うわめをば めづことことさら つれなくせむや

286 かくばかり 熱き涙は 初恋の 日にもありきと 泣く日またなし
  かくばかり あつきなみだは はつこいの ひにもありきと なくひまたなし

287 長く長く忘れし友に 会ふごとき よろこびをもて水の音聴く
  ながくながく わすれしともに あうごとき よろみびをもて みずのおときく

288 秋の夜の 鋼鉄の色の 大空に 火を噴く山も あれなど思ふ
  あきのよの はがねのいろの おおぞらに ひをはくやまも あれなとおもう

289 岩手山 秋はふもとの 三方の 野に満つる虫を 何と聴くらむ
  いわてやま あきはふもとの さんぽうの のにみつるむしを なにときくらむ

290 父のごと秋はいかめし 母のごと 秋はなつかし 家持たぬ児に
  ちちのごと あきはいかめし ははのごと あきはなつかし いえもたぬこに

291 秋来れば 恋ふる心の いとまなさよ 夜もい寝がてに 雁多く聴く
  あきくれば こうるこころの いとまなさよ よもいねがてに かりおおくきく

292 長月も 半ばになりぬ いつまでか かくも幼く 打出でずあらむ
  ながつきも なかばになりぬ いつでも かくもおさなく うちいでずあらむ

293 思ふてふ こと言はぬ人の おくり来し 忘れな草も いちじろかりし
  おもうてふ こといわぬひとの おくりきし わすれなぐさも いちじろかりし

294 秋の雨に 逆反りやすき 弓のごと このごろ君の したしまぬかな
  あきのあめに さかぞりやすき ゆみのごと このごろきみの したしまぬかな

295 松の風 夜昼ひびきぬ 人訪はぬ 山の祠の 石馬の耳に
  あきのかぜ よひるひびきぬ ひととわぬ やまのほこらの いしうまのみみに

296 ほのかなる 朽木の香かをり そがなかの 蕈の香りに 秋やや深し
  ほのかなる くちきのり そがなかの たけのかおりに あきややふかし

297 時雨降る ごとき音して 木伝ひぬ 人によく似し 森の猿ども
  しぐれふる ごときおとして こづたひぬ ひとによくにし もりのさるども

298 森の奥 遠きひびきす 木のうろに 臼ひく侏儒の 国にかも来し
  もりのおく とおきひびきす きのうろに うすひくしゅじゅの くににかもきし

299 世のはじめ まづ森ありて 半神の 人そが中に火や守りけむ
  よのはじめ まずもりありて はんしんの ひとそがなかに ひやまもりけむ

300 はてもなく 砂うちつづく ゴビの野に 住みたまふ神は 秋の神かも
  はてもなく すなうちつづく ゴビののに すみたまうかみは あきのかみかも

301 あめつちに わが悲しみと 月光と あまねき秋の 夜となれりけり
  あめつちに わがかなしみと げっこうと あまねきあきの よとなれりけり

302 うらがなしき 夜の物の音 洩れ来くるを 拾ふがごとくさまよひ行きぬ
  うらがなしき よるのもののね もれくるを ひろうがごとく さまよいゆきぬ

303 旅の子の ふるさとに来て 眠るがに げに静かにも 冬の来しかな
  たびのこの ふるさとにきて ねむるがに げにしずかにも ふゆのきしかな

 

忘れがたき人人  304 - 436

304 潮かをる 北の浜辺の 砂山の かの浜薔薇よ 今年も咲けるや
  しおかおる きたのはまべの すなやまの かのはまなすよ ことしもさけるや
    潮かおる北の浜辺の砂山のあのハマナスよ 今年も咲いたか

説明 函館の石川啄木記念像建設期成会の人々によって市内日ノ出町の小公園に建てられた啄木銅像の台石に刻まれています。

305 たのみつる 年の若さを 数へみて 指を見つめて 旅がいやになりき
  たのみつる としのわかさを かぞえみて ゆびをみつめて たびがいやになりき

306 三度ほど 汽車の窓より ながめたる 町の名なども したしかりけり
  みたびほど きしゃのまどより ながめたる まちのななども したしかりけり

307 函館の 床屋の弟子を おもひ出でぬ 耳剃らせるが こころよかりし
  はこだての とこやのでしを おもいいでぬ みみそらせるが こころよかりし

308 わがあとを 追ひ来て知れる 人もなき 辺土に住みし 母と妻かな
  わがあとを おいきてしれる ひともなき へんどにすみし ははとつまかな

309 船に酔ゑひてやさしくなれる いもうとの 眼見ゆ 津軽の海を思へば
  ふねにゑひて やさしくなれる いもうとの めみゆつがるの うみをおもへば

310 目を閉とぢて 傷心の句を 誦してゐし 友の手紙のおどけ悲しも
  めをとじて しょうしんのくを ずしていし とものてがみの おどけかなしも

311 をさなき時 橋の欄干に 糞塗りし 話も友は かなしみてしき
  おさなきとき はしのらんかんに くそぬりし はなしもともは かなしみてしき

312 おそらくは 生涯妻をむかへじと わらひし友よ 今もめとらず
  おそらくは しょうがいつまを むかえじと わらいしともよ いまもめとらず
  おそらくは生涯妻を迎えまいと 笑った友よ 今もめとっていない

313 あはれかの 眼鏡の縁を さびしげに 光らせてゐし 女教師よ
  あわれかの めがねのふちを さびしげに ひからせていし おんなきょうしよ
  あわれだ。かのメガネの縁をさびしげに光らせていた女教師よ

説明 若くて美しかった弥生小学校教員 高橋すゑ子のこと

314 友われに飯を与へき その友に背きし我の 性のかなしさ
  ともわれに めしをあたえき そのともに そむきしわれの さがのかなしさ
  友が私に飯を与えた。その友に背いた私の性格のかなしさよ。

315 函館の 青柳町こそ かなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花
  はこだての あおやぎちょうこそ かなしけれ とものこいうた やぐるまのはな
  函館の青柳町こそ、懐かしかったよ。友の恋歌や矢車の花。

316 ふるさとの 麦のかをりを 懐かしむ 女の眉に こころひかれき
  ふるさとの むぎのかおりを なつかしむ おんなのまゆに こころひかれき

317 あたらしき 洋書の紙の 香をかぎて 一途に金を 欲しと思ひしが
  あたらしき ようしょのかみの かをかぎて いちづにかねを ほしとおもいしが 

318 しらなみの 寄せて騒げる 函館の 大森浜に 思ひしことども
  しらなみの よせてさわげる はこだての おおもりはまに おもいしことども
    白波が寄せて砕ける函館の 大森浜で思った事ども

319 朝な朝な 支那の俗歌を うたひ出づる まくら時計を 愛でしかなしみ
  あさなあさな しなのぞくかを うたいいづる まくらとけいを めでしかなしみ

320 漂泊の 愁ひを叙して 成らざりし 草稿の字の 読みがたさかな
  ひょうはくの うれいをじょして ならざりし そうこうのじの よみがたさかな

321 いくたびか 死なむとしては 死なざりし わが来しかたの をかしく悲し
  いくたびか しなむとしては しなざりし わがこしかたの おかしくかなし
    いくたびか死のうとしては死ななかった 私の来た道のおかしく悲しいことよ

322 函館の 臥牛の山の半腹の 碑の漢詩も なかば忘れぬ
  はこだての がぎゅうのやまの はんぷくの ひのからうたも なかばわすれぬ

323 むやむやと 口の中にてたふとげの事を呟く 乞食もありき
  むやむやと くちのうちにて とうとげの ことをつぶやく こじきもありき

324 とるに足らぬ 男と思へと言ふごとく 山に入りにき 神のごとき友
  とるにたらぬ おとことおもえと いうごとく やまにいりにき かみのごときとも

325 巻煙草 口にくはへて 浪あらき 磯の夜霧に立ちし女よ
  まきたばこ くちにくわえて なみあらき いそのよぎりに たちしおんなよ

326 演習の ひまにわざわざ 汽車に乗りて 訪ひ来し友と のめる酒かな
  えんしゅうの ひまにわざわざ きしゃにのりて といきしともと のめるさけかな

327 大川の 水の面を見るごとに 郁雨よ 君のなやみを思ふ
  おおかわの みずのおもてをみるごとに いくうよきみの なやみをおもう

328 智慧とその 深き慈悲とを もちあぐみ 為すこともなく 友は遊べり
  ちえとその ふかきじひとを もちあぐみ なすこともなく ともはあそべり

329 こころざし 得ぬ人人の あつまりて 酒のむ場所が 我が家なりしかな
  こころざし えぬひとびとの あつまりて さけのむばしょが わがいえなりしかな

330 かなしめば 高く笑ひき 酒をもて 悶を解すといふ 年上の友
  かなしめば たかくわらいき さけをもて もんをげすという としうえのとも

331 若くして 数人の父となりし友 子なきがごとく 酔へばうたひき
  わかくして すにんのちちと なりしとも こなきがごとく よえばうたひき
  若くして数人の父となった友 子どもがいないかのように 酔っては歌った

332 さりげなき高き笑ひが 酒とともに 我が腸に沁みにけらしな
  さりげなき たかきわらいが さけとともに わがはらわたに しみにけらしな

333 あくび噛み 夜汽車の窓に別れたる 別れが今は 物足らぬかな
  あくびかみ よぎしゃのまどに わかれたる わかれがいまは ものたらぬかな

334 雨に濡れし 夜汽車の窓に 映りたる 山間の町のともしびの色
  あめにぬれし よぎしゃのまどに うつりたる やまあいのまちの ともしびのいろ

335 雨つよく 降る夜の汽車の たえまなく 雫流るる 窓硝子かな
  あめつよく ふるよのきしゃの たえまなく しずくながるる まどがらすかな

336 真夜中の 倶知安駅に下りゆきし 女の鬢の 古き痍あと
  まよなかの くっちぁんえきに おりゆきし おんなのびんの ふるききずあと

337 札幌に かの秋われの 持てゆきし しかして今も 持てるかなしみ
    札幌にあの秋 私が持っていった、そして今も持っている悲しみよ

338 アカシヤの なみきにポプラに 秋の風 吹くがかなしと 日記に残れり
  あかしやの なみきにぽぷらに あきのかぜ ふくがかなしと にっきにのこれり

339 しんとして 幅広き街の 秋の夜の 玉蜀黍の 焼くるにほひよ
  しんとして はばひろきまちの あきのよの とうもろこしの やけるにおいよ

340 わが宿の 姉と妹のいさかひに 初夜過ぎゆきし 札幌の雨
  わがやどの あねといもとのいさかいに しょやすぎゆきし さっぽろのあめ 

341 石狩の 美国といへる 停車場の 柵に乾してありし 赤き布片かな
  いしかりの びくにといえる ていしゃばの さくにほしてありし あかききれかな

342 かなしきは 小樽の町よ 歌ふことなき ひとびとの 声の荒さよ
    悲しいのは小樽の町よ 歌うことのない人達の声の荒さよ

343 泣くがごと 首ふるはせて 手の相を 見せよといひし 易者もありき
  なくがごと くびふるわせて てのそうを みせよといいし えきしゃもありき

344 いささかの 銭借りてゆきし わが友の 後姿の 肩の雪かな
  いささかの ぜにかりてゆきし わがともの うしろすがたの かたのゆきかな

345 世わたりの 拙きことを ひそかにも 誇りとしたる我にやはあらぬ
  よわたりの つたなきことを ひそかにも ほこりとしたる われにやはあらぬ

346 汝が痩せし からだはすべて 謀叛気の かたまりなりと いはれてしこと
  ながやせし からだはすべて むほんぎの かたまりなりと いわれてしこと

347 かの年の かの新聞の 初雪の 記事を書きしは 我なりしかな
  かのとしの かのしんぶんの はつゆきの きじをかきしは われなりしかな

348 椅子をもて 我を撃たむと 身構へし かの友の酔ひも 今は醒めつらむ
  いすをもて われをうたむと みがまえし かのとものよひも いまはさめつらむ

349 負けたるも 我にてありき あらそひの 因も我なりしと 今は思へり
  まけたるも われにてありき あらそいの もともわれなりしと いまはおもえり

350 殴らむといふに 殴れとつめよせし 昔の我のいとほしきかな
  なぐらむというに なぐれとつめよせし むかしのわれの いとおしきかな

351 汝三度 この咽喉に剣を擬したりと 彼告別の辞に言へりけり
  なれみたび こののどにけんを ぎしたりと かれこくべつの じにいえりけり

352 あらそひて いたく憎みて 別れたる 友をなつかしく 思ふ日も来ぬ
  あらそいて いたくにくみて わかれたる ともをなつかしく おもうひもきぬ

353 あはれかの 眉の秀でし 少年よ 弟と呼べば はつかに笑みしが
  あわれかの まゆのひしでし しょうねんよ おとうととよべば はつかにえみしが

354 わが妻に 着物縫はせし 友ありし 冬早く来る 植民地かな
  わがつまに きものぬわせし ともありし ふゆはやくくる しょくみんちかな

355 平手てもて 吹雪にぬれし 顔を拭く 友共産を主義とせりけり
  ひらてもて ふぶきにぬれし かおをふく ともきょうさんを しゅぎとせりけり

356 酒のめば 鬼のごとくに 青かりし 大いなる顔よ かなしき顔よ
  さけのめば おにのごとくに あおかりし おおいなるかおよ かなしきかおよ

357 樺太に 入りて新しき 宗教を 創めむといふ 友なりしかな
  からふとに いりてあたらしき しゅうきょうを はじめむという ともなりしかな

358 治まれる 世の事無さに 飽きたりと いひし頃こそ かなしかりけれ
  おさまれる よのことなさに あきたりと いいしころこそ かなしかりけれ

359 共同の 薬屋開き 儲けむと いふ友なりき 詐欺せしといふ
  きょうどうの くすりやひらき もうけむと いうともなりき さぎせしという
  共同の薬屋を開き、儲けようという友だった。詐欺をしたという。

360 あをじろき 頬に涙を光らせて 死をば語りき 若き商人
  あおじろき ほほになみだを ひからせて しをばかたりき わかきあきびと

361 子を負ひて 雪の吹き入る 停車場に われ見送りし 妻の眉かな
  こをおいて ゆきのふきいる ていしゃばに われみおくりし つまのまゆかな

362 敵として 憎みし友と やや長く 手をば握りき わかれといふに
  てきとして にくみしともと ややながく てをばにぎりき わかれというに

363 ゆるぎ出づる 汽車の窓より 人先に 顔を引きしも 負けざらむため
  ゆるぎいづる きしゃのまどより ひとさきに かおをひきしも まけざらむため

364 みぞれ降る 石狩の野の 汽車に読みし ツルゲエネフの物語かな
  みぞれふる いしかりののの きしゃによみし つるげえねふの ものがたりかな

365 わが去れる 後の噂を おもひやる 旅出はかなし 死ににゆくごと
  わがされる のちのうわさを おもいやる たびではかなし しににゆくごと

366 わかれ来て ふと瞬けば ゆくりなく つめたきものの 頬をつたへり
  わかれきて ふとまたたけば ゆくりなく 詰めた着物のほほをつたえり

367 忘れ来し 煙草を思ふ ゆけどゆけど 山なほ遠き 雪の野の汽車
  わすれきし たばこをおもう ゆけどゆけど やななおとおき ゆきのののきしゃ

368 うす紅く 雪に流れて 入日影 曠野の汽車の窓を照せり
  うすあかく ゆきにながれて いりひかげ あらののきしゃの まどをてらせり

369 腹すこし 痛み出でしを しのびつつ 長路の汽車に のむ煙草かな
  はらすこし いたみいでしを しのびつつ ちょうろのきしゃに のむたばこかな

370 乗合の 砲兵士官の 剣の鞘 がちゃりと鳴るに 思ひやぶれき
  のりあいの ほうへいしかんの けんのさや がちゃりとなるに おもいやぶれき

371 名のみ知りて 縁もゆかりも なき土地の 宿屋安けし 我が家のごと
  なのみしりて えんもゆかりも なきとちの やどややすけし わがいえのごと

372 伴なりし かの代議士の 口あける 青き寐顔を かなしと思ひき
  つれなりし かのだいぎしの くちあける あおきねがおを かなしとおもいき

373 今夜こそ 思ふ存分 泣いてみむと 泊まりし宿屋の 茶のぬるさかな
    今夜こそ思う存分泣いてみようと 泊まった宿屋の茶のぬるさよ

 374 水蒸気 列車の窓に 花のごと 凍てしを染むる あかつきの色
  すいじょうき れっしゃのまどに はなのごと いてしをそむる あかつきのいろ

375 ごおと鳴る 凩しのあと 乾きたる 雪舞ひ立ちて 林を包めり
  ごおとなる みがらしのあと かわきたる ゆきまいたちて はやしをつつめり

376 空知川 雪に埋もれて 鳥も見えず 岸辺の林に 人ひとりゐき
  そらちがわ ゆきにうもれて とりもみえず きしべのはやしに ひとひとりいき

377 寂莫を 敵とし友とし 雪のなかに 長き一生を 送る人もあり
  せきばくを てきとしともとし ゆきのなかに ながきいっしょうを おくるひともあり

378 いたく汽車に 疲れて猶も きれぎれに 思ふは我の いとしさなりき
  いたくきしゃに つかれてなおも きれぎれに おもうはわれの いとしさなりにき

379 うたふごと 駅の名呼びし 柔和なる 若き駅夫の眼をも忘れず
  うたうごと えきのなよびし 集をなるわかきえきふの めをもわすれず
  歌う如くに 駅の名を呼んだ 柔和な若い駅員の眼を忘れない

380 雪のなか 処処に 屋根見えて 煙突つの 煙うすくも空にまよへり
  ゆきのなか しょしょにやねみえて えんとつの けむりうすくも そらにまよえり

381 遠くより 笛ながながと ひびかせて 汽車今とある 森林に入る
  とおくより ふえながながと ひびかせて きしゃいまとある しんりんにいる

382 何事も 思ふことなく 日一日 汽車のひびきに 心まかせぬ
  なにごとも おもうことなく ひいちにち きしゃのひびきに こころまかせぬ

383 さいはての 駅に下り立ち 雪あかり さびしき町に あゆみ入りにき
  さいはての えきにおりたち ゆきあかり さびしきまちに あゆみいりにき

384 しらしらと 氷かがやき 千鳥なく 釧路の海の 冬の月かな
  しらしらと こおりかがやき ちどりなく くしろのうみの ふゆのつきかな

385 こほりたる インクの罎を 火に翳し 涙ながれぬ ともしびの下
  こおりたる いんくのびんを ひにかざし なみだながれぬ ともしびのもと

386 顔とこゑ それのみ昔に 変らざる 友にも会ひき 国の果にて
  かおとこえ それのみむかしに かわらざる ともにもあいき くにのはてにて
  顔と声、それだけは昔と変わらない友にも会った、国の果てにて

387 あはれかの 国のはてにて 酒のみき かなしみの滓を 啜るごとくに
  あわれかの くにのはてにて さけのみき かなしみのおりを すするごとくに

388 酒のめば 悲しみ一時に 湧き来るを 寐て夢みぬを うれしとはせし
  さけのめば かなしみいちじに わきくるを ねてゆめみぬを うれしとはせし

389 出だしぬけの 女の笑ひ 身に沁みき 厨に酒の凍る真夜中
  だしぬけの おんなのわらい みにしみき くりやにさけの こおるまよなか

390 わが酔ひに 心いためて うたはざる女ありしが いかになれるや
  わがよいに こころいためて うたわざる おんなありしが いかになれるや
  私の酔いに、心をいためて、歌わない女がいたが、どうなったのか
 
391 小奴と いひし女の やはらかき 耳朶なども 忘れがたかり
  こやっこと いいしおんなの やわらかき みみたぼなども わすれがたかり

392 よりそひて 深夜の雪の中に立つ 女の右手のあたたかさかな
  よりそいて しんやのゆきの なかにたつ おんなのめての あたたかさかな
  寄り添って深夜の雪の中に立つ 女の右手の暖かさよ

393 死にたくは ないかと言へば これ見よと 咽喉の痍を 見せし女かな
  しにたくは ないかといえば これみよと のんどのきずを みせしおんなかな

394 芸事も 顔もかれより 優れたる 女あしざまに 我を言へりとか
  げいごとも かおもかれよりすぐれたる おんなあしざまに われをいえりとか

395 舞へといへば 立ちて舞ひにき おのづから 悪酒の酔ひに たふるるまでも
  まえといえば たちてまいにき おのづから あくしゅのよいに たふるるまでも

396 死ぬばかり 我が酔ふをまちて いろいろの かなしきことを 囁やきし人
  しぬばかり わがゑふをまちて いろいろの かなしきことを ささやきしひと

397 いかにせしと言へば あをじろき 酔ひざめの 面に強ひて 笑みをつくりき
  いかにせしといえば あおじろきよいざめの おもてにしいて えみをつくりき

398 かなしきは かの白玉の ごとくなる 腕に残せし キスの痕かな
  かなしきは かのしらたまの ごとくなる うでにのこせし きすのあとかな

399 酔ゑひてわがうつむく時も 水ほしと眼めひらく時も 呼びし名なりけり
  ゑいてわが うつむくときも みずほしと めひらくときも よびしななりけり

400 火をしたふ 虫のごとくに ともしびの 明るき家に かよひ慣れにき
  ひをしたう むしのごとくに ともしびの あかるきいえに かよいなれにき

401 きしきしと 寒さに踏めば 板軋む かへりの廊下の 不意のくちづけ
  きしきしと さむさにふめば いたきしむ かえりのろうかの ふいのくちづけ
  きしきしと寒さに踏むと板が軋む、帰りの廊下の不意の口づけ

402 その膝に枕しつつも 我がこころ 思ひしはみな我のことなり
  そのひざに まくらしつつも わがこころ おもいしはみな われのことなり
  その膝に枕しつつも、私の心、思ったのはみな、自分のことです

403 さらさらと 氷の屑が 波に鳴る 磯の月夜の ゆきかへりかな
  さらさらと 氷の屑が なみになる いそのつきよの ゆきかおりかな

404 死にしとか このごろ聞きぬ 恋がたき 才あまりある 男なりしが
  しにしとか このごろききぬ こいがたき さいあまりある おとこなりしが
  死んだとか この頃聞いた 恋敵 才能があまりある 男であったが

405 十年まへに 作りしといふ 漢詩を 酔へば唱へき 旅に老いし友
  ととせまえに つくりしという からうたを よえばとなえき たびにおいしとも

406 吸ふごとに 鼻がぴたりと 凍りつく 寒き空気を 吸ひたくなりぬ
  すうごとに はながぴたりと こおりつく さむきくうきを すいたくなりぬ

407 波もなき 二月の湾に 白塗の 外国船が 低く浮かべり
  なみもなき にがつのわんに しろぬりの がいこくせんが ひくくうかべり
  波もない二月の湾に、白塗りの外国船が低く浮かんでいる

408 三味線の 絃のきれしを 火事のごと 騒ぐ子ありき 大雪の夜に
  さみせんの いとのきれしを かじのごと さわぐこありき おおゆきのよに
  三味線の弦が切れたのを 火事のように騒ぐ子がいた 大雪の夜に

409 神のごと 遠く姿をあらはせる 阿寒の山の 雪のあけぼの
  かみのごと とおくすがたを あらわせる あかんのやまの ゆきのあけぼの
  神のように遠くに姿をあらわしている 阿寒の山の雪の曙

410 郷里にゐて 身投げせしことありといふ 女の三味さみにうたへるゆふべ
  くににいて みなげせしこと ありという おんなのさみに うたえるゆうべ
  故郷にあって身投げしたことがあるという 女の三味線に歌った昨夜

411 葡萄色の 古き手帳にのこりたる かの会合の 時と処かな
  えびいろの ふるきてちょうに のこりたる かのあいびきの ときとところかな
  葡萄色になった古い手帳に残っていた かの逢引の時と場所だよ

412 よごれたる 足袋穿く時の 気味わるき 思ひに似たる 思出もあり
  よごれたる たびはくときの きみわるき おもいににたる おもいでもあり
  汚れた足袋を履くときの気味の悪い思いに似ている思い出もある

413 わが室に 女泣きしを 小説の なかの事かと おもひ出づる日
  わがへやに おんななきしを しょうせつの なかのことかと おもいいづるひ
  私の部屋で 女が泣いたのを 小説の中のことかと思い出す日

414 浪淘沙 ながくも声を ふるはせて うたふがごとき 旅なりしかな
  ろうとうさ ながくもこえを ふるわせて うたうがごとき たびなりしかな

415 いつなりけむ 夢にふと聴きて うれしかりし その声もあはれ 長く聴かざり
    いつだったろうか 夢にふく聴いてうれしかった その声もああ 長く聴かない

416 頬の寒き 流離の旅の人として 路問ふほどの こと言ひしのみ
  ほのさむき りゅうりのたびの ひととして みちをとうほどの こといいしのみ

417 さりげなく 言ひし言葉は さりげなく 君も聴きつらむ それだけのこと
    さりげなく言った言葉は さりげなくあなたも聴いたでしょう それだけのこと

418 ひややかに 清き大理石に 春の日の 静かに照るは かかる思ひならむ
  ひややかに きよきなめいしに はるのひの しずかにてるは かかるおもいらむ

419 世の中の 明るさのみを 吸ふごとき 黒き瞳の 今も目にあり
    世の中の明るさのみを吸うような 黒い瞳が 今も目にある

420 かの時に 言いそびれたる 大切の 言葉は今も 胸にのこれど
    あの時に言いそびれた大切な言葉は、今も胸に残っているが

説明 「かの」は、話し手 聞き手から遠く離れた事物を指します。現代では、あの を使いますが
かのじょ とか かなた という言い方に、少し生き残っています。

421 真白なる ラムプの笠の 瑕のごと 流離の記憶 消しがたきかな
  ましろなる ランプのかさの きずのごと りゅうりのきおく けしがたきかな

422 函館の かの焼跡を 去りし夜の こころ残りを 今も残しつ
  はこだての かのやけあとを さりしよの こころのこりを いまものこしつ

423 人がいふ 鬢のほつれの めでたさを 物書く時の 君に見たりし
  ひとがいう びんのほつれの めでたさを ものかくときの きみにみたりし

424 馬鈴薯の 花咲く頃と なれりけり 君もこの花を 好きたまふらむ
  ばれいしょの はなさくころと なれりけり きみもことはなを すきたまうらむ

425 山の子の 山を思ふが ごとくにも かなしき時は 君を思へり
  やまのこの やまをおもうが ごとくにも かなしきときは きみをおもえり

426 忘れをれば ひょっとした事が 思ひ出の 種にまたなる 忘れかねつも
  わすれをば ひょっとしたことが おもいでの たねにまたなる わすれかねつも

427 病むと聞き 癒えしと聞きて 四百里の こなたに我は うつつなかりし
    病気だと聞き、治ったと聞いて 四百里のこなたの私は 正気がなかったよ

428 君に似し 姿を街に見る時の こころ躍り(おどり)を あはれと思へ
    あなたに似た姿を、街に見つけたときの私のこころ躍りを、不憫と思いなさい

説明 「似し」の「し」は、過去を表す助動詞「き」の連体形「し」で、続く「姿」にかかり
「君に似た姿」という意味になります。

「あはれ」は、いろんな意味があると思いますが、ここでは「不憫と思え」というような意味だと思います。

429 かの声を 最一度聴かば すっきりと 胸や霽れむと 今朝も思へる
  かのこえを もいちどきかば すっきりと むねやはれむと けさもおもえる

430 いそがしき 生活のなかの 時折の この物おもひ 誰のためぞも
  いそがしき くらしのなかの ときおりの このものおもい たれのためぞも

431 しみじみと 物うち語る 友もあれ 君のことなど 語り出でなむ
  しみじみと ものうちかたる とももあれ きみのことなど かたりいでなむ  

432 死ぬまでに 一度会はむと 言ひやらば 君もかすかに うなづくらむか
  しぬまでに いちどあわむと いいやらば きみもかすかに うなづくらむか

433 時として 君を思へば 安かりし 心にはかに 騒ぐかなしさ
    時に君を思うと、安らかだった心がにわかに騒ぐ悲しさよ。

434 わかれ来て 年を重ねて 年ごとに 恋しくなれる 君にしあるかな
    わかれ来て 年を重ねて 年毎に 恋しくなった君なんだよ

説明 「わかれ来る」は「わかれて来る」「わかれが来る」のどちらもあると思い、「わかれ来る」のままにしました。

「君にしあるかな」の「し」は、強調の副助詞です。

435 石狩の 都の外の 君が家 林檎の花の 散りてやあらむ
  いしかりの みやこのそとの きみがいえ りんごのはなの ちりてやあらむ

436 長き文 三年(みとせ)のうちに 三度(みたび)来ぬ 我の書きしは 四度(よたび)にかあらむ
    長い文が三年のうちに三度来た。私の書いたのは四度かなあ。

 

手套(てぶくろ)を脱ぐ時 437 - 551

437 手套を 脱ぐ手ふと休む 何やらむ こころかすめし 思ひ出のあり
  てぶくろを ぬぐてふとやむ なにやらむ こころかすめし おもいでのあり
    手袋を脱ぐ手をふと休む 何だろう こころをかすめた思い出がある

説明 「やらむ」は「にやあらむ」が変化したもので、「〜だろうか、〜ではなかろうか」の意味となります。

438 いつしかに 情をいつはる ことを知りぬ 髭を立てしも その頃なりけむ
  いつしかに じょうをいつわる ことをしりぬ ひげをたてしも そのころなりけむ
    いつのまにか気持ちをいつわることを知った。髭をはやしたのもその頃だったろう。

439 朝の湯の 湯槽のふちに うなじ載せ ゆるく息する 物思ひかな
  あさのゆの ゆぶねのふちに うなじのせ ゆるくいきする ものおもいかな

440 夏来れば うがひ薬の 病ある 歯に沁しむ朝の うれしかりけり
  なつくれば うがいぐすりの やまいある はにしむあさの うれしかりけり
  夏が来ると うがい薬が 病ある歯にしむる朝の うれいかったこと

441 つくづくと手をながめつつ おもひ出いでぬ キスが上手じやうずの女なりしが
  つくづくと てをながめつつ おもいいでぬ キスがじょうずの おんななりしが
  つくづくと手を眺めつつ思い出した キスが上手な女であったが

442 さびしきは 色にしたしまぬ 目のゆゑと 赤き花など 買はせけるかな
  さびしきは いろにしたしまぬ めのゆえと あかきはななど かわせけるかな

443 新しき 本を買ひ来て 読む夜半の そのたのしさも 長くわすれぬ
  あたらしき ほんをかいきて よむよわの そのたのしさも ながくわすれぬ

444 旅七日 かへり来ぬれば わが窓の 赤きインクの 染みもなつかし
  たびなのか かえりきぬれば わがまどの あかきインクの しみもなつかし

445 古文書の なかに見いでし よごれたる 吸取紙を なつかしむかな
  こもんじょの なかにみいでし よごれたる すいとりがみを なつかしむかな

446 手にためし 雪の融くるが ここちよく わが寐飽きたる 心には沁む
  てにためし ゆきのとくるが ここちよく わがねあきたる こころにはしむ

447 薄れゆく 障子の日影 そを見つつ こころいつしか 暗くなりゆく
  うすれゆく しょうじのひかげ そをみつつ こころいつしか くらくなりゆく
  薄らいでいく障子の日陰 それを見つつ こころがいつしか 暗くなっていく

448 ひやひやと 夜は薬の香かのにほふ 医者が住みたるあとの家かな
  ひやひやと よるはくすりのかのにおう いしゃがすみたる あとのいえかな
  ひやひやと夜には薬の香りがにおう 医者が住んだ後の家だなあ

449 窓硝子まどガラス 塵ちりと雨とに曇くもりたる窓硝子にも かなしみはあり
  まどガラス ちりとあめとに くもりたる まどガラスにも かなしみはあり
  窓ガラス 塵と雨とで曇っている 窓ガラスにも悲しみがある

450 六年ほど 日毎日毎に かぶりたる 古き帽子も 棄てられぬかな
  むとせほど ひごとひごとに かぶりたる ふるきぼうしも すてられぬかな
  六年程 毎日毎日かぶった古い帽子も、捨てられないものだなあ

451 こころよく 春のねむりを むさぼれる 目にやはらかき 庭の草かな
  こころよく はるのねむりを むさぼれる めにやわらかき にわのくさかな

452 赤煉瓦 遠くつづける 高塀の むらさきに見えて 春の日ながし
  あかれんが とおくつづける たかべいの むらさきにみえて はるのひながし

453 春の雪 銀座の裏の 三階の 煉瓦造に やはらかに降る
  はるのゆき ぎんざのうらの さんがいの れんがづくりに やわらかにふる

454 よごれたる 煉瓦の壁に 降りて融け 降りては融くる 春の雪かな
  よごれたる れんがのかべに ふりてとけ ふりてはとくる きるのゆきかな

455 目を病やめる 若き女の 倚りかかる 窓にしめやかに 春の雨降る
  めをやめる わかきおんなの よりかかる まどにしめやかに はるのあめふる

456 あたらしき 木のかをりなど ただよへる 新開町の 春の静けさ
  あたらしき きのかおりなど ただよえる しんかいまちの はるのしずけさ

457 春の街 見よげに書ける女名の 門札などを 読みありくかな
  はるのまち みよげにかける おんななの かどふだなどを よみありくかな

458 そことなく 蜜柑の皮の 焼くるごとき にほひ残りて 夕となりぬ
  そことなく みかんのかわの やくるごとき においのこりて ゆうべとなりぬ

459 にぎはしき 若き女の集会の こゑ聴き倦みて さびしくなりたり
  にぎわしき わかきおんなの あつまりの こえききうみて さびしくなりたり

460 何処やらに 若き女の 死ぬごとき 悩ましさあり 春の霙降る
  どこやらに わかきおんなの しぬごとき なやましさあり はるのみぞれふる

461 コニャックの 酔ひのあとなる やはらかき このかなしみの すずろなるかな
  コニャックの よいのあとなる やわらかき このかなしみの すずろなるかな

462 白き皿 拭きては棚に 重ねゐる 酒場の隅の かなしき女
  しろきさら ふきてはたなに かさねいる さかばのすみの かなしきおんな

463 乾きたる 冬の大路の 何処やらむ 石炭酸の にほひひそめり
  かわきたる ふゆのおおじの いづくやらむ せきたんさんの においひそめり

464 赤赤と 入日うつれる 河ばたの 酒場の窓の 白き顔かな
  あかあかと いりひうつれる かわばたの さかばのまどの しろきかおかな

465 新しき サラドの皿の 酢のかをり こころに沁しみて かなしき夕
  あたらしき サラドのさらの すのかおり こころにしみて かなしきゆうべ

466 空色の 罎より 山羊の乳をつぐ 手のふるひなど いとしかりけり
  そらいろの びんよりやぎの ちちをつぐ てのふるいなど いとしかりけり

467 すがた見の 息のくもりに 消されたる 酔ひうるみの 眸のかなしさ
  すがたみの いきのくもりに けされたる ゑいうるみの まみのかなしさ

468 ひとしきり 静かになれる ゆふぐれの 厨にのこる ハムのにほひかな
  ひとしきり しずかになれる ゆうぐれの くりやにのこる ハムのにおいかな

469 ひややかに 罎のならべる 棚の前 歯せせる女を かなしとも見き
  ひややかに ビンのならべる たなのまえ はせせるおんなを かなしともみき

470 やや長き キスを交して 別れ来きし 深夜の街の 遠き火事かな
  ややながき キスをかわしてわかれきは しんやのまちの とおきかじかな
  やや長いキスを交わして別れてきた 深夜の町の遠い火事だ

471 病院の 窓のゆふべの ほの白き 顔にありたる 淡き見覚え
  びょういんの まどのゆうべの ほのじろき かおにありたる あわきみおほへえ
  病院の窓の ゆうべの ほの白い顔にあった淡い見覚え

472 何時なりしか かの大川の遊船に 舞ひし女をおもひ出にけり
  いつなりしか かのおおかわの ゆうせんに まいしおんなを おもいでにけり
  何時だったか かの大川の遊覧船に 舞った女を思い出したよ

473 用もなき 文など長く 書きさして ふと人こひし 街に出てゆく
  用もなき ふみなどながく かきさして ふとひとこいし まちにでてゆく

474 しめらへる 煙草を吸へば おほよその わが思ふことも 軽くしめれり
  しめらえる たばこをすえば おおよその わがおもうことも かろくしめれり

475 するどくも 夏の来きたるを 感じつつ 雨後の小庭の 土の香を嗅ぐ
  するどくも なつのきたるを かんじつつ うごのこにわの つちのかをかぐ

476 すずしげに 飾り立てたる 硝子屋の 前にながめし 夏の夜の月
  すずしげに かざりたてたる ガラスやの まえにながめし なつのよのつき

477 君来ると いふに夙起き 白シャツの 袖のよごれを 気にする日かな
  きみくると いうにとくおき しろシャツの そでのよごれを きにするひかな
  君がくるというので 早く起きて 白シャツの袖の汚れを気にする日だよ

478 おちつかぬ 我が弟の このごろの 眼のうるみなど かなしかりけり
  おちつかぬ わがおとうとの このごろの めのうるみなど かなしかりけり

479 どこやらに 杭打つ音し 大桶を ころがす音し 雪ふりいでぬ
  どこやらに くいうつおとし おおおけを ころがすおとし ゆきふりいでぬ

480 人気なき 夜の事務室に けたたましく 電話の鈴の 鳴りて止みたり
  ひとけなき よのじむしつに けたたましく でんわのりんの なりてやみたり
  人気のない夜の事務室に けたたましく電話のベルが 鳴って止まった

481 目さまして ややありて 耳に入り来たる 真夜中すぎの話声かな
  めさまして ややありて みみにいりきたる まよなかすぎの はなしこえかな
  目を覚まして すこしして 耳に入ってきた 真夜中すぎの 話し声だな

482 見てをれば 時計とまれり 吸はるるごと 心はまたも さびしさに行く
  みておれば とけいとまれり すわるるごと こころはまたも さびしさにゆく
  見ていると 時計が止まった 吸われるごとく 心はまたも さびしさに行く

483 朝朝の うがひの料の 水薬の 罎がつめたき 秋となりにけり
  あさあさの うがいのしろの すいやくの ビンがつめたき あきとなりけり
  毎朝のうがいに使う水薬の ビンが冷たい秋になったよ

説明 料(しろ) は、ある事に使用するもの、材料、ある事に支払う料金

484 夷かに 麦の青める 丘の根の 小径に赤き 小櫛ひろへり
  なだらかに むぎのあおめる おかのねの こみちにあかき おぐしひろえり

485 裏山の 杉生のなかに 斑なる 日影這ひ入る 秋のひるすぎ
  うらやまの すぎふのなかに まだらなる ひかげはいいる あきのひるすぎ

486 港町 とろろと鳴きて 輪を描く鳶を圧あつせる 潮ぐもりかな
  みなとまち とろろとなきて わをえがく とびをあっせる しおぐもりかな

487 小春日の 曇硝子ガラスに うつりたる 鳥影を見て すずろに思ふ
  こはるびの くもりガラスに うつりたる とりかげをみて すずろにおもう

488 ひとならび 泳げるごとき 家家の 高低の軒に 冬の日の舞ふ
  ひとならび およげるごとき いえいえの たかひくののきに ふゆのひのまゆ

489 京橋の 滝山町の 新聞社 灯ともる頃の いそがしさかな
  きょうばしの たきやまちょうの しんぶんしゃ ひともるころの いそがしさかな

490 よく怒る 人にてありし わが父の 日ごろ怒らず 怒れと思ふ
  よくいかる ひとにてありし わがちちの ひごろおこらず おこれとおもう
    よく怒る人であった私の父が、この日ごろ怒らない。怒れと思う

491 あさ風が 電車のなかに 吹き入れし 柳のひと葉 手にとりて見る
  あさかぜが でんしゃのなかに ふきいれし やなぎのひとは てにとりてみる

492 ゆゑもなく 海が見たくて 海に来ぬ こころ傷みて たへがたき日に
    理由もなく海が見たくて海に来た こころが傷んでたえがたい日に

493 たひらなる 海につかれて そむけたる 目をかきみだす 赤き帯かな
  たいらなる うみにつかれて そむけたる めをかきみだす あかきおびかな

494 今日逢ひし 町の女の どれもどれも 恋にやぶれて 帰るごとき日
  きょうあいし まちのおんなの どれもどれも こいにやぶれて かえるごときひ

495 汽車の旅 とある野中の 停車場の 夏草の香の なつかしかりき
  きしゃのたび とあるのなかの ていしゃばの なつくさのかの なつかしかりき
    汽車のたび とある野中の停車場の 夏草の香のなつかしかったことよ

496 朝まだき やっと間に合ひし初秋はつあきの 旅出の汽車の 堅かたき麺麭かな
  あさまだき やっとまにあいし はつあきの たびでのきしゃの かたきぱんかな

497 かの旅の 夜汽車の窓に おもひたる 我がゆくすゑの かなしかりしかな
  かのたびの よぎしゃのまどに おもいたる わがゆくすえの かなしかりしかな

498 ふと見れば とある林の停車場の時計とまれり 雨の夜よの汽車
  ふとみれば とあるはやしの ていしゃばの とけいとまれり あめのよのきしゃ

499 わかれ来て 燈火小暗き 夜の汽車の 窓に弄もてあそぶ 青き林檎りんごよ
  わかれきて あかりさぐらき よのきしゃの まどにもてあそぶ あおきりんごよ

500 いつも来る この酒肆の かなしさよ ゆふ日赤赤と 酒に射し入いる
  いつもくる このさかみせの かなしさよ ゆうひあかあかと さけにさしいる

501 白き蓮沼に 咲くごとく かなしみが 酔ゑひのあひだにはっきりと浮く
  しろきはすぬまに さくごとく かなしみが ゑひのあひだに はっきりとうく
  白い蓮沼に 咲いているように 悲しみが 酔いの間に はっきりと浮く

502 壁かべごしに 若き女の 泣くをきく 旅の宿屋の 秋の蚊帳かな
  かべごしに わかきおんなの なくをきく たびのやどやの あきのかやかな
  壁越しに若い女が泣くのを聴く 旅の宿屋の秋の蚊帳です

503 取りいでし 去年の袷の なつかしき にほひ身に沁む 初秋の朝
  とりいでし こぞのあわせの なつかしき においみにしむ はつあきのあさ

504 気にしたる 左の膝の痛みなど いつか癒りて 秋の風吹く
  きにしたる ひだりのひざの いたみなど いつかなおりて あきのかぜふく

505 売り売りて 手垢きたなき ドイツ語の 辞書のみ残る 夏の末かな
  うりうりて てあかきたなき ドイツごの じしょのみのこる なつのすえかな

506 ゆゑもなく 憎みし友と いつしかに 親しくなりて 秋の暮れゆく
    ゆえもなく憎んだ友と、いつのまにか親しくなって、秋が暮れゆく

507 赤紙の 表紙手擦れし 国禁 書を行李の 底にさがす日
  あかがみの ひょうしてすれし こくきんの ふみをこうりの そこにさがすひ

508 売ることを 差し止とめられし 本の著者に 路にて会へる 秋の朝かな
  うることを さしとめられし ほんのちょしゃに みちにてあえる あきのあさかな

509 今日よりは 我も酒など呷らむと 思へる日より 秋の風吹く
  きょうよりは われもさけなどあふらんと おもえるひより あきのかぜふく

510 大海の その片隅に つらなれる 島島の上に 秋の風吹く
  だいかいの そのかたすみに つらなれる しまじまのうえに あきのかぜふく

511 うるみたる目と 目の下の 黒子のみ いつも目につく友の妻かな
  うるみたるめと めのしたの ほくろのみ いつもめにつく とものつまかな
  うるんだ眼と 目の下のホクロのみが いつも目に付く 友の妻です

512 いつ見ても 毛糸の玉を ころがして 韈を編む 女なりしが
  いつみても けいとのたまを ころがして くつしたをあむ おんななりしが
  いつ見ても 毛糸の玉をころがして 靴下を編む 女であったが

513 葡萄色の 長椅子の上に 眠りたる 猫ほの白ろき 秋のゆふぐれ
  えびいろの ながいすのうえに ねむりたる ねこほのじろき あきのゆうぐれ
  エビ色の長椅子の上に眠っている猫ががほの白い 秋の夕暮れ

514 ほそぼそと 其処此処に虫の鳴く 昼の野に来て読む手紙かな
  ほそぼそと そこらここらに むしのなく ひるののにきて よむてがみかな
  細々とそこらここらに虫が鳴く 昼の野に来て読む手紙かな

515 夜おそく 戸を繰りをれば 白きもの 庭を走れり 犬にやあらむ
  よるおそく とをくりおれば しろきもの にわをはしれり いぬにやあらむ
  夜遅く 雨戸を繰っていると 白いものが 庭を走った 犬でしょうか

516 夜の二時の窓の硝子を うす紅く 染めて音なき火事の色かな
  よるのにじの まどのガラスを うすあかく そめておとなき かじのいろかな
  夜の二時の 窓のガラスをうす赤く染めて 音のない火事の色かな

517 あはれなる 恋かなと ひとり呟きて 夜半の火桶に 炭添そへにけり
  あわれなる かいかなと ひとりつぶやきて よわのひおけに すみそえにけり

518 真白なる ラムプの笠に 手をあてて 寒き夜にする 物思ひかな
  ましろなる ランプのかさに てをあてて さむきよにする ものおもいかな

519 水のごと 身体をひたす かなしみに 葱の香などの まじれる夕
  みずのごと からだをひたす かなしみに ねぎのかなどの まじれるゆうべ

520 時ありて 猫のまねなど して笑ふ 三十路の友の ひとり住みかな
  ときありて ねこのまねなど してわらう みそじのともの ひとりずみかな

521 気弱なる 斥候のごとく おそれつつ 深夜の街を 一人散歩す
  きよわなる せきこうのごとく おそれつつ しんやのまちを ひとりさんぽす
  気弱なスパイのように おそれつつ 深夜の街を 一人散歩する

522 皮膚がみな 耳にてありき しんとして 眠れる街の 重き靴音
  ひふがみな みみにてありき しんとして ねむれるまちの おもきくつおと

523 夜おそく 停車場に入り 立ち坐り やがて出でゆきぬ 帽なき男
  よるおそく ていしゃばにいり たちすわり やがていでゆきぬ ぼうなきおとこ

524 気がつけば しっとりと 夜霧下りて居り ながくも街をさまよへるかな
  きがつけば しっとりと よぎりおりており ながくもまちを さまよえるかな

525 若しあらば 煙草恵めと 寄りて来る あとなし人と深夜に語る
  もしあらば たばこめぐめと よりてくる あとなしびとと しんやにかたる

526 曠野より 帰るごとくに 帰り来ぬ 東京の夜を ひとりあゆみて
  あらのより かえるごとくに かえりきぬ とうきょうのよを ひとりあゆみて
  荒野から帰ったように、帰ってきた、東京の夜を、一人歩んで

527 銀行の 窓の下なる 舗石の 霜にこぼれし 青インクかな
  ぎんこうの まどのしたなる しきいしの しもにこぼれし あおインクかな
  銀行の窓の下にある敷石の 霜にこぼれた青インクかな

528 ちょんちょんと とある小藪に 頬白の 遊ぶを眺む 雪の野の路
  ちょんちょんと とあるこやぶに ほほじろの あそぶをのぞむ ゆきのやのみち

529 十月の 朝の空気に あたらしく 息吸ひそめし 赤坊のあり
  じゅうがつの あさのくうきに あたらしく いきすいそめし あかんぼのあり
    十月の朝の空気に新しく息を吸い始めた赤坊がいる

説明 明治43年10月4日午前2時に、啄木の長男 真一 が生まれました。

530 十月の産病院の しめりたる 長き廊下のゆきかへりかな
  じゅうがつの さんびょういんの しめりたる ながきろうかの ゆきかえりかな

531 むらさきの 袖垂れて 空を見上げゐる支那しな人ありき 公園の午後
  むらさきの そでたれて そらをみあげる しなびとありき こうえんのごご

532 孩児の 手ざはりのごとき 思ひあり 公園に来て ひとり歩めば
  おさなごの てざわりのごとき おもいあり こうえんにきて ひとりあゆめば

533 ひさしぶりに 公園に来て 友に会ひ 堅かたく手握り口疾に語る
  ひさしぶりに こうえんにきて ともにあい かたくてにぎり くちどにかたる

534 公園の 木の間に小鳥 あそべるを ながめてしばし 憩ひけるかな
  こうえんの このまにことり あそべるを ながめてしばし いこいけるかな

535 晴れし日の 公園に来て あゆみつつ わがこのごろの 衰へを知る
  はれしひの こうえんにきて あゆみつつ わがこのごろの おとろえをしる
    晴れた日の公園にきて歩きながら 私のこの頃の衰えを知る

536 思出の かのキスかとも おどろきぬ プラタヌの葉の 散りて触れしを
  おもいでの かのキスかとも おどろきぬ プラタヌのはの ちりてふれしを

537 公園の 隅のベンチに 二度ばかり 見かけし男 このごろ見えず
  こうえんの すみのベンチに にどばかり みかけしおとこ このごろみえず

538 公園のかなしみよ 君の嫁ぎてより すでに七月 来きしこともなし
  こうえんの かなしみよ きみのとつぎてより すでにななつき きしこともなし

539 公園の とある木蔭の 捨椅子に 思ひあまりて 身をば寄せたる
  こうえんの とあるこかげの すていすに おもいあまりて みをばよせたる

540 忘られぬ 顔なりしかな 今日街に 捕吏にひかれて 笑める男は
  わすられぬ かおなりしかな きょうまちに 捕吏にひかれて ゑめるおとこは

541 マチ擦すれば 二尺ばかりの 明るさの 中をよぎれる 白き蛾のあり
  マチすれば にしゃくばかりの あかるさの なかをよぎれる しろきがのあり
  マッチをすると、二尺ほどの明るさの中をよぎった白い蛾がいた

542 目をとぢて 口笛かすかに 吹きてみぬ 寐られぬ夜の 窓にもたれて
  めをとじて くちぶえかすかに ふきてねぬ ねられぬよるの まどにもたれて
  目を閉じて 口笛をかすかに吹いてみた 寝られぬ夜の窓にもたれて

543 わが友は 今日も母なき子を負ひて かの城址に さまよへるかな
  わがともは きょうもははなき こをおいて かのしろあとに さまよえるかな
  我が友は、今日も母無き子を背負って、かの城址に さまよっているかな

544 夜おそく つとめ先より かへり来て 今死にしてふ 児を抱けるかな
    夜おそく勤め先から帰ってきて 今死んだという子を抱いているんだ

説明 「死にしてふ」の文法がよくわからないので、とりあえず「死んだという」と訳しました。

「死ぬ」という動詞に対し、古語には「死ぬ」「死にす」「死す」とたくさんの動詞があります。

「死んだという」に対する古語は「死にきてふ」となるのかと思うのですが、よくわかりません。

全543首からなる本歌集の出版準備がすすみ、出版社から見本組みが届いた10月27日に、
生後24日の長男真一が亡くなってしまった。

啄木は急遽、長男への挽歌8首を詠み歌集の末尾に付け加えました。

545 二三こゑ いまはのきはに 微かにも 泣きしといふに なみだ誘はる
  にさんこえ いまわのきわに かすかにも なきしというに なみださそわる
    二三声いまわのきわにひそかにも泣いたということに涙が誘われる

546 真白なる 大根の根の 肥ゆる頃 うまれてやがて 死にし児のあり
    真っ白な大根の根が肥えるこる 生まれてすぐさま死んだ子がいたんだ

547 おそ秋の 空気を 三尺四方ばかり 吸ひてわが児の 死にゆきしかな
    晩秋の空気を三尺四方くらい吸って わが子は死んで行ったのだなあ

548 死にし児の 胸に注射の 針を刺す 医者の手もとに あつまる心
    死んだ子の胸に注射の針を刺す医者の手元に集まる心

549 底知れぬ 謎に対ひて あるごとし 死児のひたひに またも手をやる
  そこしれぬ なぞにむかいて あるごとし しじのひたいに またもてをやる
    底知れない謎に対しているようである 死んだ子の額にまたも手をやる

550 かなしみの つよくいたらぬ さびしさよ わが児のからだ 冷えてゆけども
    悲しみがつよく来ないさびしさよ わが子の体が冷えてゆくけど

551 かなしくも 夜明くるまでは 残りゐぬ 息きれし児の 肌のぬくもり
    悲しくも夜が明けるまでは残っているんだ 息のきれた子の肌のぬくもりは

説明 「残りゐぬ」の「ゐぬ」の「ゐ」は動詞「ゐる」の連用形で、「ぬ」は確述を表す助動詞「ぬ」の終止形なので、
「きっと残っているのだ」という意味になります。

参考 近藤典彦「一握の砂」全歌評釈 http://isi-taku.life.coocan.jp/newpage8.html 001から151まで

 

                                                   巻頭に帰る

ご意見等がありましたら、think0298(@マーク)ybb.ne.jp におよせいただければ、幸いです。

 ホームページアドレス: https://think0298.stars.ne.jp