夏目漱石 明暗 

2019.10.9

 「明暗」は、夏目漱石の新聞連載小説です。

朝日新聞に、大正5年(1916年) 5月26日に、第1回を開始しましたが、

漱石が、同年12月9日に死去したため、12月26日に、第188回を掲載後、未完となりました。

 1990年になって、水村美苗さんが、『続明暗』を発表して、1990年の芸術選奨新人賞を獲得しました。

その文体は、漱石の文体を模擬したものでしたが、それは、

水村さんが、中学生の頃、アメリカに引っ越すことになり、望郷の念にかられながら、

明治大正期の日本文学を愛読した結果、身に着けたものでした。

しかし、水村さんは、1999年に発表した 「漱石と『恋愛小説の物語』」という文章において、

もっと子供の頃、「小公女」「若草物語」「足長おじさん」「ジェーンエア」「嵐が丘」などの

英国ビクトリア朝の女流作家の書いた少女文学がとりあげている恋愛・結婚の問題を、

漱石が「明暗」において、継承していることこそが、「続明暗」を書きたいと思った主因だと語っています。

 

 漱石の「明暗」は、やたら難しい漢字を使ったり、今では死語となってしまった当時の衣装や文物の名前などが

沢山でてきて、読者を、疲れさせます。

そこで、現代の読者には無用と思われる言葉は、置き換え、または、削除してみることにしました。

 まだ、作業途中ですが、現在版を、順次、示します。

 これから、何度も読み返しながら、難しい単語を改定していきますが、何度も、読み返すなかで、

私なりの続明暗も、考えていきたいと思っています。

 

 漱石は、明暗を新聞小説として発表しました。新聞小説は、一気に読むことはできず、

毎日届く新聞で、時間をかけて、ゆっくりと読むことしかできません。

しかし、NHKテレビの朝ドラが、いい例なのですが、毎日毎日、少しずつ話が進み、

登場人物たちと、半年ないし一年つきあうことこそが、朝ドラが人気になる理由です。

 漱石の「明暗」は、少しずつ、もしくは、何度も繰り返して、読むべき作品だと思います。

 

 夏目漱石は、現代でも、有名な作家なのですが、彼の作品をちゃんと読んだ人は、驚くほど少ないのです。

私も、漱石の「こころ」などの小説は、くどくどと何度も繰り返す、押し付けがましい文章なので、

読むのが大嫌いです。

 でも、幸い、「明暗」には、そういう嫌味はなく、読みやすい文章だと思います。

 

 また、漱石の小説は、一人の主人公の主観で書かれることが多かったのですが、

明暗では、登場する何人かの人物の主観で物語が語られ、

多彩な人間関係を描いた小説として、楽しむことができます。

 

 漱石は、当て字 を多用していますが、本来の漢字におきかえました。

 漱石は、宅という字に、うち とフリガナを当てて多用していますが、

 フリガナ無しで、宅 を、うち と読むのは、難しいので、家(いえ) という字をあてることにしました。

 

  

 :現在の閲覧者数:

     

 ご意見等がありましたら、think0298(@マーク)ybb.ne.jp におよせいただければ、幸いです。

 ホームページアドレス: https://think0298.stars.ne.jp