Kindle for PC 

jump to 2019.8.23, 2020.2.26 2020.6.5 2020.6.22

2016.5.31

 キンドル日本版が発売になったとき、パソコンで読むためのKindle for PC は、当初サポートされませんでしたが、

時を経て、サポートされるようになり、便利に使っています。

 Kindle for PC の最大のメリットは、蔵書の管理です。

アマゾンは、Amazonランキングの頁で、いつも無料本のリストを表示していますが、時限でリストにはいっているのもあり、

しょっちゅう購入しているうちに、今現在の蔵書数は、6060冊になってしまいました。

 最初に購入したKindle Paperwhiteは、蔵書リストの頁のスクロールが異常に遅く、困り果てていました。

Kindle Fire HD になって、スクロールは、快適に速くなりましたが、それでも6000冊のスクロールは大変です。

Kindle for PCの場合は、右端にスクロールバーがあるので、どこにでも自由に移動できます。

パソコンの高能力も貢献していると思います。

また、パソコンは、ハードデイスクの容量が簡単に増加できるので、購入した本のダウンロードも、残容量を気にすることなく行うことが出来ます。

 

 本を開いたあとも、スクロールバーが、本の下部に常時表示されているので、本内の移動も、簡単です。

単語の上で右クリックすると、辞書が立ち上がります。私は、初期設定のままですが、日本語の場合は、デジタル大辞泉、

英語の場合は、プログレッシブ英和中辞典(4版)です。

従って、右クリックで、テキストを選択し、どこかにはりつけるということはできません。

 

2019.8.23

 久しぶりに、この頁に帰ってきました。現在でも、Kindle for PC は、愛用しています。

 蔵書は、順調に増え、現在は、8810冊で、PCにダウンロード済は、2764冊です。

 蔵書管理は、PCでやると、本当にスピーディーで楽です。

 辞書機能も、本当に、便利です。

 前回の記事で、「単語の上で右クリックすると、辞書が立ち上がります。」と書きましたが、

現時点では、

ある一つの単語の上で右クリックするか、

左クリックしながら、文章のある範囲を選択してから、クリックを離すと、

以下のメニューが立ち上がります。

  メモを追加
  コピー
  辞書
  本文検索
  ウェブを検索する
  Wikipediaで検索する

「辞書」を選択すると、英文の場合は、プログレッシブ英和中辞典(4版)、日本語の場合は、デジタル大辞泉が立ち上がります。

辞書を変更したければ、辞書パネルの右上端のマークを押すと、辞書の変更が可能です。

また、上記メニューで、コピーを選ぶと、選択した範囲をコピーして、他所に張り付けることができます。

 また、画面が広いので、頁の下には、水平スクロールバーが常に表示されているので、

ページ移動が、マウス操作で、簡単にできます。

2020.2.26

 昨年購入したキンドル Fire FD10 の使い勝手が良く、新本は、そちらにダウンロードして読んでいますので、

キンドル for PC を立ち上げる機会が減ってしまったのですが、蔵書管理は、こちらの方が便利なので、

時々立ち上げて、蔵書状況を更新しています。

 今日現在の蔵書は、9285冊で、ダウンロード済みは、2977冊ですので、昨年8月23日から、

蔵書は、475冊増、ダウンロード数は、213冊増です。

 キンドルの方に、何冊ダウンロードしたかは、端末の方では、わからないのですが、

ウェブの「コンテンツと端末の管理」で調べると、HD10にダウンロードした蔵書数は、390冊です。

 キンドル for PC で最近使ってみた機能は、PDF の読書機能です。

File メニュー の PDFをインポート で、取り込むことにより、キンドル for PC の辞書機能を使って読むことができます。

2020.6.5

 Kindle for PC は、常用するデスクトップPCだけでなく、ノートPCにもインストールしているのですが、

左側のライブラリー枠の「すぺて」に示される蔵書数が、大きくちがうことに気づきました。

 原因は、ダウンロード済の本の中に、何故か、2冊登録されているものがあり、蔵書数が水増しされているのが原因と考えられます。

そこで、2冊登録されているものを含め、余り使わないものは、端末から削除することにしました。

現在、2つのPCでの数字は、9891と9888となり、ほぼ一致しています。

 今現在、デスクトップPCの蔵書数は 9891冊、ダウンロード済は、2499冊です。

 キンドル Fire HD10 の使い勝手は、非常に良く、毎日、御世話になっています。

2020.6.22

 キンドル無料本を、沢山登録したこともあって、蔵書数が、10008冊なり、1万冊を越えました。

実際の本を1万冊蔵書すると、かなりの実空間が必要ですが、その問題はありません。

しかし、さすがに、コンピュータの応答は、遅くなった感じです。

 ダウンロード数を減らしたので、読みたい時に、ダウンロードするわけですが、

ダウンロードしなくても、クラウドに登録された蔵書をネット接続で読むことができるという Kindle Cloud Reader

使ってみることにしました。

   https://read.amazon.co.jp

一度アクセスして、ログインし、ログインしたままにして、ブラウザーにブックマーク登録しておくと、いつでも開けます。

最初にログインしたときに、「オフラインで読めるようにKindle Cloud Readerを設定する」というウィンドウが開き、

オフラインで有効にする」を選択するように迫られるのですが、

ダウンロードは、Kindle for PCの方で行うことにしたいので、「後で」を選択しました。

 最初の蔵書リストの画面では、本の画像をKindle for PCよりも小さくして、多数表示できるので、

こちらの方が便利と感じました。

 しかし、本を読もうとすると、「この本はKindle Cloud Readerでは開けません」とメッセージがでるので、

調べてみると、Kindle Cloud Reader で読めるのは、マンガのみのようです。

 ということで、マンガ以外の本を読むには、Kindle for PC を使う事にしますが、

蔵書の一覧表示には、Cloud Readerの方が、便利なので、そのためにだけは使おうかと思っています。

 

 

 

     

 ご意見等がありましたら、think0298(@マーク)ybb.ne.jp におよせいただければ、幸いです。

 ホームページアドレス: https://think0298.stars.ne.jp