百田尚樹 カエルの楽園 2020 (2020) 

2024.02.11

 コロナ禍の最中、自粛生活中の人たちのために、2020年5月6日から11日にかけて、ネットで無料公開した作品です。
テーマを、コロナウィルス騒動にし、2016年に書いた『カエルの楽園』を舞台としました。

 百田さんは、50歳という遅めのデビューだったため、「同じジャンルのものは書かない」「シリーズ物は書かない」「続編やスピンオフは書かない」「三冊連続で重版がかからなかったら引退する」と心に決めたそうですが、
コロナ禍の特別企画ということで、禁を破ったそうです。

 ネットでの公開終了後、公開の予定はなかったのですが、出版希望の声が多数あったため、全編を大幅に修正し、最終章が最悪シナリオのエンディングだったため、さらに2種類のシナリオを付け加えて、2020年6月に出版することになりました。

 まだ、コロナ禍が始まった年なので、日本中、みんな、見えない先のことを心配している時です。
当時のことを思い出しながら、読みました。

 『カエルの楽園』も『カエルの楽園2020』も、カエルを主人公とした 寓話という見方がありますが、
私は、寓話という弱い言い方よりも、明確に、風刺小説 と呼んだ方がいいと思います。

 社会批判の風刺小説としては、オーウェル1984が、よく引き合いにだされますが、私としては、風刺小説の先輩として、スウィフトガリバー旅行記を思いつきます。

 余りの社会批判のため、読者の怒りを買うことを恐れた出版社は、かなり改変を加え、著者名も仮の名前にした初版を1726年に出版しました。幸い、出版後、非常な人気を博したため、1735年に完全版が出版されました。

 風刺小説の場合、風刺された人々は、怒り心頭なのですが、百田さんの『カエルの楽園』『カエルの楽園2020』も、日本のリベラルを称する人たちから、大々的な批判を浴びました。

 保守的な発想の人か、リベラルな発想の人かを見分ける試金石になりそうですね。
ちなみに、私は、読んで痛快でしたので、本質的に保守的な性格だと思います。

 『カエルの楽園』では、国を守る姿勢が問われ、『カエルの楽園2020』では、コロナとの闘いの姿勢が問われています。

 ウシガエルの沼で不思議な病気が流行っていることを知って、イエストールが、「ウシガエルをナパージュに入れるな」と叫んでいたとき、デイブレイクは、「イエストールは大袈裟です。ウシガエルを排除してはいけません。それよりも、ともに手を洗いましょう」と、皆を説得しました。

 ウシガエルの王様が、ナパージュを訪問する計画が取りやめになった頃、病気のウシガエルは、ナパージュに入れないという水際作戦が始まったですが、残念ながら、ナパージュでも、感染者が続々と現れるようになりました。

 ナパージュでは、ツチガエルの移動制限が始まりますが、混乱の最中で、先が見えません。

 第三章は、次のような言葉で終わります。
176頁
「とにかく今は、理由の解明なんかどうだっていいんだ。そんなことは後でもいい。どうせ何年かしたら誰かが突き止めるだろうよ。この国の一番の問題は、ナパージュでは病気で死ぬカエルよりも、飢え死にするカエルの方が多くなるかもしれないのに、元老たちは病気を恐れすぎて何もできないということだ」
 ソクラテスにはもう何が正しいのかわからなくなってしまいました。唯一わかっているのは、ナパージュは次の選択を間違えると取り返しがつかないことになるということです。
 はたして今後、ナパージュはどうなってしまうのでしょうー。

 そして、最終章は、悲しい結末で終わります。

 文庫本版が出版されるときに、最終章が変更されました。
オリジナルが、終章(バッドエンディング)となり、
終章(リアルエンディング)終章(グッドエンディング)追加されました。

 コロナ禍は、その後、2023年まで、世界を苦しめました。
不幸中の幸いで、日本やアジアでは、欧米のような大量の死者がでずに、終息に向かいつつあります。

 ウイルスを使った生物兵器は、今でも、世界の各地で開発されていますので、再び、世界を巻き込んだウイルス禍が起きる可能性があります。

 ウイルスの拡散防止の一番効率的な対策は、鳥インフルエンザ対策で行われている感染元のニワトリの殺処分です。人間社会にこれを適用されては、一大事です。

 効果的なワクチンの開発も期待されますが、ワクチンが、将来、人類に悪影響を与えるか否かは、だれもわかりません。

 今回のコロナ禍で、世界は必ずしも対策を学んだわけではありませんので、心配の種は残ったままですね。

 

ご意見等がありましたら、think0298(@マーク)ybb.ne.jp におよせいただければ、幸いです。

ホームページアドレス: https://think0298.stars.ne.jp