秋山虔  源氏物語入門 (2008)

2020.4.6

 この本の正式な編者は、『源氏物語大辞典』編集委員会 ですが、長いので、

上記のタイトルには、筆頭の秋山虔さんの名前を使いました。

 源氏物語大辞典は、2011年に出版されましたので、この入門書の方が先に世に出たわけです。

 

 源氏物語は、本当に大部な物語で、内容も複雑ですから、一週間かけて一気に読むというような本ではありません。

何年もかけて、根気よく読むということが必要なため、全体を読み通した人は、数少ないと思います。

まさに群盲象を撫でる状態なので、全体を見通せるような解説書があると便利です。

 そのような目的のためには、この入門書は、非常に適した本であると思います。

 

 全体内容は、以下の通りです。

第一部で、源氏物語 全54帖のあらすじが解説されます。

第二部で、源氏物語の26個の名場面を取り上げて、より詳しい解説があります。

第三部で、源氏物語を読むうえで知っておくべき当時の知識が、15章にわたって解説されます。

第四部で、主要登場人物の説明が、あいうえお順でなされます。

第五部は、国宝源氏物語絵巻19場面の解説があります。

 帯に、「この一冊でわかる源氏物語」とありますが、当に、その通りです。

 

 例として、第一帖、桐壺のあらすじを引用します

1.桐壺(きりつぼ) 光源氏誕生〜12、藤壺の宮6〜17、葵の上5〜16

 どの帝の御代であったか、帝の寵愛が深い更衣(桐壺の更衣)がいた。

父はすでになく、しっかりした後ろ盾もないのに寵愛を独占していたために、ほかの女御や更衣たちの妬みをかっていた。

しばらくして第二皇子(光源氏)が生まれた。名場面

第一皇子(朱雀帝)の母弘徽殿の女御をはじめ、女御や更衣たちの心はおだやかではない。

桐壺の更衣は、光源氏が三歳で袴着(はかまぎ)をした後に亡くなった。

桐壺帝は、高麗人(こまうど)たちの観相をもとに、光源氏を臣下の身分にした。

時がたっても亡き桐壺の更衣を忘れられない帝は、桐壺の更衣にそっくりな藤壺の宮を入内させた。

光源氏は、母に似ているという藤壺の宮を慕った。

世間の人々は、第二皇子を「光君」、藤壺の宮を「輝く日(妃)の宮」と呼んだ。名場面

 光源氏は十二歳で元服し、左大臣家の婿となり、四歳年上の葵の上と結婚する。

しかし、光源氏は、元服後、母に似た藤壺の宮を狂おしいほどに恋い慕い、藤壺のような人を自邸の二条の院に迎えたいと思う。

 

 もう一つ、登場人物解説の筆頭の「葵の上」の解説を引用します。

葵の上(あおいのうえ)  左大臣の長女、母は桐壺帝の妹(大宮)、頭の中将と同腹。光源氏と結婚。夕霧の母

 右大臣から春宮(とうぐう)に入内を望まれたが、父の政治的思惑から光源氏と結婚した。

光源氏より四歳年長で、気位が高くうち解けたところがないので、光源氏は親しめなかった。

光源氏が紫の上を二条の院に引き取ったことで、二人り間の心の溝は深まった。

結婚九年目の春にようやく懐妊する。

 身重のまま、新斎院の御禊の見物に出かけた際に、従者が六条の御息所一行と車の立所(たちど)を争った。

その後、物の気に苦しめられ、なかでも執念深い六条の御息所の生霊に取り憑かれるが、夕霧を出産する。

光源氏が秋の司召(つかさめし)のために参内している間に亡くなり、八月二十日過ぎに鳥辺野に葬られた。

ゞ耀筺↓帚木、ゼ禹隋↓Ч藩娉譟↓葵

 

 

 

 

     

 ご意見等がありましたら、think0298(@マーク)ybb.ne.jp におよせいただければ、幸いです。

 ホームページアドレス: https://think0298.stars.ne.jp